ニホンヤモリ

日本家守、日本守宮 爬虫類/有隣目/ヤモリ科/ヤモリ属 見頃/4月~10月

在来種

ニホンヤモリ 茅ヶ崎市東海岸南 2018/05/02

ニホンヤモリ 茅ヶ崎市東海岸南 2018/05/02

里山周辺に生息する爬虫類(はちゅうるい)。ふつう単にヤモリという。英語でゲッコー(Gecko)。元は中国原産らしい。とはいえ古い時代に日本へ帰化したため在来種という扱いになる。神奈川県内にも広く分布。

ニホンヤモリ 葉山町上山口 2017/06/29

ニホンヤモリ 葉山町上山口 2017/06/29

家守の名は、家の周りに棲みつくためまるで家の守り神のようだという意味。面白いことに森林の中でヤモリの姿を見ることはなく、必ずといっていいほど(森林などに面した)人家の周りにいる。正確にいえば人工物の周り。公園の休憩所・公衆トイレ・自動販売機、高速道路のサービスエリア、神社の社殿や神輿庫、民家の壁・風呂場の窓・倉庫、そういった場所に貼り付いていることがほとんど。夜行性でガ(蛾)などをよく食べるため、街灯などの人工的な灯火に集まってくる昆虫を狙っているようだ。魂胆はアマガエル(雨蛙)と同じ。

ニホンヤモリ 葉山町上山口 2017/06/29

ニホンヤモリ 葉山町上山口 2017/06/29

ヤモリは爬虫類なので、トカゲ(蜥蜴)やカナヘビ(金蛇)の仲間。体が硬めの鱗(うろこ)で覆われているためかさかさした感じで、地面で生活しているのがトカゲとカナヘビ。細かい鱗に覆われていて全体的にぷにぷにふにゃんふにゃん柔らかく、壁に貼り付いているのがヤモリである。指先にはべったり貼り付いて剥がれない高性能な吸盤を装備しているため、垂直な壁でも自由自在に歩くことができる。なんなら天上だってへっちゃら。両生類ではないので幼生時代に水中生活を送ることはなく、誕生から死に至るまで水には縁(えん)のない乾燥気味の場所で生活を続ける。死ぬとよく干からびてミイラになり、神社で梁(はり)や電灯の傘の上を掃除するとヤモリの干物が出てくることがある。名前が紛らわしいイモリ(井守)は水辺を好む両生類で、背中が黒く腹が赤い。 参照)イモリとヤモリの違い

ニホンヤモリ 葉山町上山口 2017/06/29

ニホンヤモリ 葉山町上山口 2017/06/29

普段は狭い隙間に身を隠し、夜になったらこそこそと活動を開始する。民家に定住している人慣れした個体を除けばふつう人が大嫌いで、発見されればささっと逃げ出す。捕まえようとしようものなら猛然とダッシュで逃亡。短距離走にかけてはトカゲにも引けを取らないハイスピードを誇る。飼育個体に部屋の中で逃げられようものなら、ベッドの下に潜り込むやらクローゼットの奥の奥まで逃げ込むやらで惨事になること必至。
その割には捕まった途端意外としおらしくなり、たちまち”手乗り”になる。恐怖で身動きできないのか、人肌のぬくもりが気持ちよいのか知らないが、触り放題撫で放題だ。ただし、油断を見せればたちまち猛ダッシュで逃亡を図るので要注意。爪(まったく痛くない)で引っ掻いてくることはなく、噛みついてくる(まったく痛くない)こともほとんどない。極限まで追い込まれて苛々(いらいら)するとヘビ(蛇)のごとく尻尾の先を地面に打ち付け威嚇してくることがあるが、戦闘力は一切ないので無視して構わない。無毒。

ニホンヤモリの(一時的に)黒っぽい若い個体 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/14

ニホンヤモリの(一時的に)黒っぽい若い個体 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/14

ニホンヤモリの若い個体 茅ヶ崎市東海岸南 2018/05/02

ニホンヤモリの若い個体 茅ヶ崎市東海岸南 2018/05/02

“爬虫類はサルモネラ菌(食中毒の原因菌)を持っていることが多い”という噂をよく聞くので、念のため、ヤモリをべろべろ舐めない、口の中に入れてちゅぱちゅぱしゃぶらない、触った手は石鹸で洗う等の気遣いはしておきたい。

湘南・鎌倉・三浦半島で見られるトカゲ型生物一覧


湘南・鎌倉・三浦半島で見られるトカゲ型生物一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする