ヒトリシズカ

一人静 センリョウ目/センリョウ科/チャラン属 花期/4月

自生種稀少保護

ヒトリシズカ 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

ヒトリシズカ 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

やや薄暗い林床などに生える多年草。名は、白色の花序が舞を舞う白拍子(しらびょうし)の静御前(しずかごぜん)に喩(たと)えられたもの。姿が可愛らしいので鎌倉の寺境内にも植えられるが、湘南・鎌倉・三浦半島でも稀に(保護された)自生のものを見かける。背丈は人の足首から脛(すね)下方くらいまで。

ヒトリシズカの咲き始め 鎌倉市・浄妙寺 2017/04/02

ヒトリシズカの咲き始め 鎌倉市・浄妙寺 2017/04/02

ヒトリシズカ 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

ヒトリシズカ 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

ヒトリシズカ 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

ヒトリシズカ 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

ヒトリシズカ 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

ヒトリシズカ 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

白くにょきにょき伸びている奇妙な突起が雄蕊の花糸(かし)。もしゃもしゃ生えているのでわかりづらいが、この花糸は三本一組。花粉を排出する黄色い葯(やく)は花糸三本のうち両脇二本の付け根に付く。葯を持たない真ん中の花糸ははて何のためにいらっしゃるのか。雌蕊は、雄蕊三本の付け根にある緑色の膨らみ(=子房)に付く。花弁はない。

ヒトリシズカの花の構造 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

ヒトリシズカの花の構造 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

ヒトリシズカは花糸が短く、葉に光沢あり。花糸が長くて葉に光沢ないものは、キビヒトリシズカ(吉備一人静)の可能性。近似種にフタリシズカ(二人静)あり。


浄妙寺(喜泉庵枯山水入口付近)、光則寺、遠藤笹窪谷、清水谷、高麗山公園

大巧寺(駐車場民家側ツバキの足下)、極楽寺(御休處前庭 ※撮影不可)、新林公園(山道)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする