ゲッケイジュ

月桂樹 クスノキ目/クスノキ科/ゲッケイジュ属 花期/4月中旬

外来種

ゲッケイジュの雄花 藤沢市・遠藤公園 2018/04/10

ゲッケイジュの雄花 藤沢市・遠藤公園 2018/04/10

地中海周辺を原産とする常緑の小高木で、雌雄異株(しゆういしゅ)。日本では庭木として栽培される。知名度は高いゲッケイジュであるが葉の形状などに目だった特徴はなく、近所の公園に植えてあってもそれとは気づくまい。

ギリシャ神話では、ゲッケイジュは主神ゼウスの子アポロン(アポローン)に求愛された女神ダフネ(ダプネー)が姿を変えたものとされ、アポロンが愛の証としてゲッケイジュの若木を編んだ冠「月桂冠(げっけいかん)」を身に付けている。そのためゲッケイジュはアポロンの神聖な木、霊木とされる。日本では酒造会社名およびその製品としての月桂冠が知名度高いか。

ゲッケイジュの葉を乾燥させたものは香辛料ローリエ(仏語)。意識高い系のカレーに投入されるあの謎の葉っぱである。英語でローレル(Laurel)。昭和世代にはかつて日産自動車が生産していた高級乗用車ローレルとしての認知が高いか。花王の女性用生理用品のブランド名「ロリエ」もこれに由来する。月経をジュッと吸収するからか。

ゲッケイジュの花

流通しているのは雄株が多いらしい。

ゲッケイジュの雄花 藤沢市・遠藤公園 2018/04/10

ゲッケイジュの雄花 藤沢市・遠藤公園 2018/04/10

ゲッケイジュの雄花 藤沢市・遠藤公園 2018/04/10

ゲッケイジュの雄花 藤沢市・遠藤公園 2018/04/10

ゲッケイジュの雄花 藤沢市・遠藤公園 2018/04/10

ゲッケイジュの雄花 藤沢市・遠藤公園 2018/04/10


横浜市神奈川区・本覚寺(アメリカ領事館跡)、横浜市南区・こども植物園(生垣園)、横浜市戸塚区・舞岡公園、横浜市戸塚区・小雀公園

三笠公園、藤沢市・遠藤公園(東面に多い)

ホテルニューカマクラ(柳原愛子(やなぎわらなるこ、二位の局、大正天皇生母)お手植え、すす病)、平塚市・総合公園(香りの森)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『ゲッケイジュ』へのコメント

  1. 投稿日:2018/04/20(金) 06:21:24 ID:30de4424a 返信

    ゲッケイジュは見たことがありますが、ここまでのアップで見たことがありませんでした。
    意外に綺麗なのですね。

    コメントできることに気がついていませんでした。

    • mirusiru.jp 投稿日:2018/04/20(金) 21:27:23 ID:3b65f27b2 返信

      木にびっしり、ヤマモモの実が咲いているようでした。
      こども植物園の生垣園は刈り込まれていて花は咲きませんか?
      何もかもが早咲きな今年は4月10日がややピーク過ぎでしたので、平年の見頃は4月15日前後になりそうです。

      本サイトはブログ(日記)形式ではないので辞令や感想は欲していません。
      鎌倉を散歩中に見た植物の名前を覚えたくて始めた【図鑑】ですので、参照するに益あるご指摘や情報を頂戴できればこれ幸いです。
      楽さんを肥やしにする気まんまんです。
      宜しくお願い申し上げます。