ビワ

枇杷 バラ目/バラ科/ビワ属 花期/11月 結実期/6月上旬

食用外来種

生態系被害防止外来種リスト「産業管理外来種」

ビワの実 茅ヶ崎市萩園・十二天神社隣 2018/05/25

#ビワの実 茅ヶ崎市萩園・十二天神社隣 2018/05/25

果物のビワがなる木。中国原産の常緑の高木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。夏に花を咲かせ秋に実りを迎えるという果物の常道を外れ、秋に花咲き翌年初夏に実を付ける。湘南・鎌倉・三浦半島では、かつて里山と呼ばれたような地域に案外多く植わっているのを見かける。とはいえ、カキ(柿)のように庭の真ん中で栽培されているのではなく、農地の外れや道端などの辺鄙で粗末な場所に一本生えていることが多い。誰かが大事に育てているという雰囲気ではなく、昔に誰かが植えたのだろうがその後完全に放置され今となっては誰からも見向きもされていないような姿で。それでありながら、実はきちんと収穫されていくので木の持ち主がいるのは確か。二三本がまとまって生えていることはなく、あるのは必ず一本限りである。妙な木。野山に帰化していることも。

ビワ 茅ヶ崎市萩園 2020/01/01

#ビワ 茅ヶ崎市萩園 2020/01/01

葉は大きく硬く、葉脈が規則正しくくっきり見える。鋸歯あり。赤塚不二夫の漫画『天才バカボン』に登場するウナギイヌの尾っぽにも似た独特な形状である。タイサンボク(泰山木)の葉と若干見紛いやすいかもしれないが、タイサンボクは鋸歯ない全縁。

ビワの葉 小田原市早川・石垣山一夜城歴史公園周辺 2018/05/26

#ビワの葉 小田原市早川・石垣山一夜城歴史公園周辺 2018/05/26

ビワの花

茶色い毛に覆われた萼に包まれ、花弁は白っぽいがあまり美しいものでない。

ビワの蕾 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/30

#ビワの蕾 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/30

花開いたそばから咲き終わりのような様相。

ビワ 小田原市早川・石垣山一夜城歴史公園 2018/11/02

#ビワ 小田原市早川・石垣山一夜城歴史公園 2018/11/02

ビワ 藤沢市・長久保公園 2017/11/25

#ビワ 藤沢市・長久保公園 2017/11/25

ビワ 藤沢市・長久保公園 2017/11/25

#ビワ 藤沢市・長久保公園 2017/11/25

ビワ 茅ヶ崎市下町屋 2018/11/08

#ビワ 茅ヶ崎市下町屋 2018/11/08

ビワの実

五月には店頭に並ぶが、湘南・鎌倉・三浦半島の路地ものは六月に入ってから。この時期になる実が貴重なこともあってか、鳥の餌食となる前にしっかり収穫される。

ビワの実 茅ヶ崎市萩園・十二天神社隣 2018/05/25

#ビワの実 茅ヶ崎市萩園・十二天神社隣 2018/05/25

ビワの実 茅ヶ崎市萩園・十二天神社隣 2018/05/25

#ビワの実 茅ヶ崎市萩園・十二天神社隣 2018/05/25


#鷹取山公園(東屋近く)、#子安の里、#釈迦堂切通北側、#長久保公園