トウネズミモチ

唐鼠黐 シソ目/モクセイ科/イボタノキ属 花期/6月中旬~7月上旬 結実期/11月~12月
学名/Ligustrum lucidum W.T.Aiton

外来種駆除

外来生物法「要注意外来生物」(廃止)
生態系被害防止外来種リスト「重点対策外来種」

トウネズミモチ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/06/24

#トウネズミモチ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/06/24

園芸栽培される中国原産の落葉高木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。ネズミモチ(鼠黐)の仲間。トウネズミモチはネズミモチと違って、モチノキ(黐の木)のような大樹に成長する。湘南・鎌倉・三浦半島では、公園などによく植えられているので見かける機会は多いはず。

トウネズミモチ 藤沢市・円行公園 2020/06/20

#トウネズミモチ 藤沢市・円行公園 2020/06/20

トウネズミモチ(白っぽく花咲いているもの) 茅ヶ崎市今宿・新湘南バイパス 2018/06/25

#トウネズミモチ(白っぽく花咲いているもの) 茅ヶ崎市今宿・新湘南バイパス 2018/06/25

葉は対生。日光にかざすと支脈が白く透けて見えるのが特徴。

トウネズミモチの葉 茅ヶ崎市浜之郷 2018/06/24

#トウネズミモチの葉 茅ヶ崎市浜之郷 2018/06/24

トウネズミモチの葉 鎌倉広町緑地 2016/12/08

#トウネズミモチの葉 鎌倉広町緑地 2016/12/08

トウネズミモチの支脈が白く透ける葉 茅ヶ崎市浜之郷 2018/06/24

#トウネズミモチの支脈が白く透ける葉 茅ヶ崎市浜之郷 2018/06/24

ネズミモチとトウネズミモチの葉の比較 2016/12/09

ネズミモチと#トウネズミモチの葉の比較 2016/12/09

トウネズミモチらしき形状の葉でありながら互生だったら、イスノキ(柞)である疑い。生垣に利用されることがある。

トウネズミモチの花

マテバシイ(全手葉椎)が今頃遅れて咲いている??”と感じたらそれがトウネズミ。花は豊かで木が白っぽく染まる。

トウネズミモチ 茅ヶ崎市・下町屋河畔公園 2018/06/24

#トウネズミモチ 茅ヶ崎市・下町屋河畔公園 2018/06/24

トウネズミモチ 藤沢市・円行公園 2020/06/20

#トウネズミモチ 藤沢市・円行公園 2020/06/20

トウネズミモチ 藤沢市・円行公園 2020/06/20

#トウネズミモチ 藤沢市・円行公園 2020/06/20

花冠筒部は花弁(のように見える花冠裂片)に完全に隠れてしまうほど短く、花冠裂片は強く反り返る。筒部が長めにあったらネズミモチ、裂片の反りが弱ければイボタノキ(疣取木)の仲間である可能性。

トウネズミモチ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/06/24

#トウネズミモチ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/06/24

トウネズミモチ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/06/24

#トウネズミモチ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/06/24

トウネズミモチからほんの少しだけ遅れてシマトネリコ(島梣)が似たような雰囲気の花を咲かせる。両者は葉の形状がまったく異なるので見分けは容易。

トウネズミモチの実

受粉に成功する率が高いようで、実はサンゴジュ(珊瑚樹)のごとくたわわになる。個々の粒は細長からず丸っこい。

トウネズミモチの実 鎌倉広町緑地 2016/12/08

#トウネズミモチの実 鎌倉広町緑地 2016/12/08

モチノキのようなふつうの(風変わりな特徴のない)樹木に濃紺の丸っこい実がたくさんなっていたらトウネズミモチ。

トウネズミモチの実 鎌倉広町緑地 2016/12/08

#トウネズミモチの実 鎌倉広町緑地 2016/12/08

トウネズミモチの実 鎌倉広町緑地 2016/12/08

#トウネズミモチの実 鎌倉広町緑地 2016/12/08

トウネズミモチの実 横浜市金沢区・長沢公園 2017/11/12

#トウネズミモチの実 横浜市金沢区・長沢公園 2017/11/12

実は鳥獣に人気が高いのか、なくなるのが結構早い。

木自体がもっと小柄で、実はそこまでたくさんたわわに付かず、粒がやや細長い形状だったらネズミモチ。


#鎌倉広町緑地(御所谷入口入ってすぐ左手の一帯、花=5月下旬~6月初旬、実=12月上旬)

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

ネズミモチ

イボタノキ

モチノキ