スベリヒユ

滑莧 ナデシコ目/スベリヒユ科/スベリヒユ属 旬/7月~8月上旬 花期/7月中旬~9月

食用自生種

スベリヒユ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/09/24 08:41

スベリヒユ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/09/24 08:41

畑によく生えてくる耕地雑草の、一年草。特に作物を植えずに休ませている真夏の畑には大量に出現する。道端にも生えるので、かなり身近な雑草である。真夏の猛烈な炎天下、雨もたいして降らず乾燥気味で水不足の心配も、なんていう環境でもお構いなしにスベリヒユはすくすくと成長する。真夏を代表する雑草といってよいだろう。

休耕畑に生えた多数のスベリヒユ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/01

休耕畑に生えた多数のスベリヒユ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/01

茎は直立せず、地上に這うようにして放射状に枝を横へ横へ伸ばしてゆく。地面にべったり張り付くわけではなく、気持ちふっくら起き上がる。葉がもっと小さく、全体的に扁平で地面に張り付いていたらコニシキソウ(小錦草)か。

スベリヒユ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/01

スベリヒユ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/01

雑草でありながら葉や茎などは食べられる。おひたし(短時間茹でて、一旦水に晒し、水を絞って味付けをする)にでもするとよい。茹でるとぬめりが出てくることが名前の由来。どこもかしこもイヌ(犬)が小便をひっかけ歩いている現代では道端に生えているものはちょっと口にする気になれないが。8月下旬ともなると虫食いなどで葉が目だって汚くなるのでその前に収穫を。

スベリヒユの葉 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/01

スベリヒユの葉 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/01

花観賞用に作出された園芸種はポーチュラカといい、公園の花壇などで栽培されることがある。植えてないのに勝手に庭に生えてきた、隣近所でポーチュラカが栽培されていない、葉が肉厚でない、葉先がぜんぶ丸っこい、のであればおそらくそれは雑草スベリヒユの方だろう。

スベリヒユの花

枝先に黄色い花を少数だけ付ける。一日花で、短い時間で咲き終わるので見頃は晴れた日の朝だけ。では朝に近所を散歩すれば必ず花に出遭えるかというとそうでもなく、花は意外となかなか見かけない。開花は晴れた朝の7時から9時までを目安に、見頃は7時半から8時過ぎくらいの間か。個々の花で開花の進行状況には多少の差が出る。

スベリヒユの開き始めた蕾(黄色) 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23

スベリヒユの開き始めた蕾(黄色) 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23 05:53

スベリヒユ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/08/01

スベリヒユ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/08/01 07:51

スベリヒユ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/08/01

スベリヒユ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/08/01 07:55

スベリヒユ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23

スベリヒユ、混生しているのはコニシキソウ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23 07:49

スベリヒユ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23

スベリヒユ、背後に混生しているのはコニシキソウ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23 07:52

スベリヒユの実

実は立烏帽子(たてえぼし)のような形状に膨らみ、熟すと”本体2:蓋8″くらいの割合の位置でぽろっと折れて蓋が外れ落下する。種子は黒色の小さな粒で、蓋側に入っていたものは蓋もろとも落ち、本体側に入っていた種子だけが残って人目に触れる。

スベリヒユの実の完熟して割れた実と露出した種子 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/09/24

スベリヒユの実の完熟して割れた実と露出した種子 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/09/24

スベリヒユの実の完熟して割れた実と露出した種子 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/09/24

スベリヒユの実の完熟して割れた実と露出した種子 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/09/24

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『スベリヒユ』へのコメント

  1. 投稿日:2018/08/22(水) 07:14:48 ID:28c8216cd 返信

    スベリヒユの花に出会えましたか。
    羨ましい。
    私は、見るのは葉ばかりで、花には出会えていません。

    • mirusiru.jp 投稿日:2018/08/22(水) 21:39:57 ID:9f21b7991 返信

      スベリヒユはそこいらにいくらでも生えていながら、ため息が漏れるほど咲かないですね。
      目を付けていた、花を付けそうな立派な株はことごとく刈払われてもしまいますし。