シレネ・ピンクパンサー

Silene Pink Panther ナデシコ目/ナデシコ科/マンテマ属 花期/1月~4月
学名/Silene pseudoatocion Desf.

外来種

シレネ・ピンクパンサー 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

#シレネ・ピンクパンサー 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

日当たりの良い場所で園芸栽培される(日本では)一年草、の日本国内における流通名。その正体は北米原産のシレネ・カロリニアナ(シレネ・カロリニアーナ、Silene caroliniana)といわれることが多いが、葉の形状に違和感を感じないでもない。北アフリカ原産でスペインなどに帰化しているシレネ・プセウドアトキオンが正しいのではないだろうか。流通名は、花の色がアメリカ合衆国のアニメ「ピンクパンサー」を連想させるからだろう。商標上の問題を感じなくもない。別名シレネ・スパニッシュ・フラメンコ。まま見かけるムシトリナデシコ(虫取り撫子)の近似種で、似たようなかわいらしい花を咲かせる。こぼれダネでも勝手に生えてくるくらいなので、栽培は容易。過湿と高温多湿は苦手なようである。ホームセンターの園芸コーナーでは春に花苗が出回ることがある(1ポット300円程度)。

シレネ・ピンクパンサーの鉢植え 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

#シレネ・ピンクパンサーの鉢植え 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

シレネ・ピンクパンサー 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

#シレネ・ピンクパンサー 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

シレネ・ピンクパンサーの茎上部の葉 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

#シレネ・ピンクパンサーの茎上部の葉 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

シレネ・ピンクパンサーの茎上部の葉 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

#シレネ・ピンクパンサーの茎上部の葉 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

シレネ・ピンクパンサーの茎中部の葉 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

#シレネ・ピンクパンサーの茎中部の葉 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

シレネ・ピンクパンサーの花

花はムシトリナデシコやフクロナデシコ(袋撫子)と同じような濃いピンク色。蕾、あるいは花冠筒部を覆っている萼は、フクロナデシコ同様に縞々のストライプ模様をしている。新しい茎や花柄(かへい)および萼は、毛が目立つ。

シレネ・ピンクパンサー 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

#シレネ・ピンクパンサー 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

シレネ・ピンクパンサー 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

#シレネ・ピンクパンサー 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

シレネ・ピンクパンサー 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

#シレネ・ピンクパンサー 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

シレネ・ピンクパンサーの萼 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

#シレネ・ピンクパンサーの萼 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

シレネ・ピンクパンサーの萼 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

#シレネ・ピンクパンサーの萼 茅ヶ崎市・鶴嶺東コミュニティセンター 2021/03/04

花だけを見るとそっくりなものがあって紛らわしい。前述の通りシレネ・カロリニアナは葉の形状が微妙に違う。サポナリア・オキモイデス(Saponaria ocymoides、サポナリア・オキモイデース)、和名ツルコザクラ(蔓小桜)は、花喉部(かこうぶ)からにょきっと飛び出ている雄蕊の葯が青紫色、萼がストライプ模様でない、という点が違う。

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

ムシトリナデシコ

サクラソウ