ナガイモ

長芋 ヤマノイモ目/ヤマノイモ科/ヤマノイモ属 花期/7月中旬~下旬 むかごの旬/7月中旬~9月 旬/10月~11月

食用薬用改良種

ナガイモの葉 茅ヶ崎市浜之郷 2018/05/05

ナガイモの葉 茅ヶ崎市浜之郷 2018/05/05

中国から渡来したとも日本原産ともいわれる蔓性の多年草で、雌雄異株(しゆういしゅ)。原種不明。日本の山野で見られるものは栽培品種が野生化したものということになっているがよくわからない。ヤマノイモ(山の芋)にたいへんよく似ているが別種の扱い。市民農園でも外周の柵などに絡ませてよく栽培されているので、近所の農地を散歩すれば目にする機会はあるだろう。湘南・鎌倉・三浦半島では、自然豊かな山野に生えているものは見かけないが、行政が造成工事を行ったような場所に帰化していることがある。

葉はヤマノイモのみならずオニドコロ(鬼野老)にも似る。大雑把にいえば、葉が丸っこければオニドコロ、細身ならヤマノイモかナガイモ。ナガイモはくびれが強めで、葉柄(ようへい)や葉脈基部などが紫色を帯びていることが多い。ナガイモの葉は、生え始めは互生、その後成長したものは対生という。蔓や葉がごちゃごちゃに繁ってしまってよくは確認できないが。

ナガイモの葉 茅ヶ崎市菱沼海岸・国道134号線・湘南海岸砂防林 2018/07/02

ナガイモの葉 茅ヶ崎市菱沼海岸・国道134号線・湘南海岸砂防林 2018/07/02

ナガイモの花

なぜか、見かける機会が多いのは(雄株の)雄花。上向きの柄(え)に白っぽい粒々が付いていたら雄花(雄花序)。蕾なのか咲いているのかわかりづらいが、蕾に亀裂が入っていればどうやらそれでマックスに咲いている状態らしい。ぱかっと平開して雄蕊を露出させることはない。

ナガイモの雄花 茅ヶ崎市萩園 2018/07/07

ナガイモの雄花 茅ヶ崎市萩園 2018/07/07

ナガイモの雄花 茅ヶ崎市萩園 2018/07/07

ナガイモの雄花 茅ヶ崎市萩園 2018/07/07

ナガイモの雄花 茅ヶ崎市浜之郷 2018/07/03

ナガイモの雄花 茅ヶ崎市浜之郷 2018/07/03

ナガイモの雄花 茅ヶ崎市浜之郷 2018/07/03

ナガイモの雄花 茅ヶ崎市浜之郷 2018/07/03

ナガイモの実

ナガイモのむかご

むかごは、平たくいえば地上部にできる小さなイモ(芋)。ジャガイモ(馬鈴薯)の小さいのが葉腋(ようえき)に付着しているアレである。ナガイモのむかごは花が咲く梅雨時あたりから既に大きく膨らんでいるものがある。食用になる。

ナガイモのむかご 茅ヶ崎市浜之郷 2018/07/03

ナガイモのむかご 茅ヶ崎市浜之郷 2018/07/03

ナガイモのむかご 茅ヶ崎市浜之郷 2018/07/13

ナガイモのむかご 茅ヶ崎市浜之郷 2018/07/13

ナガイモのむかご 茅ヶ崎市浜之郷 2018/07/13

ナガイモのむかご 茅ヶ崎市浜之郷 2018/07/13

ナガイモの芋

スーパーマーケットでナガイモとして市販されているのは根茎(こんけい)の部分。一般的にはナガイモのイモという認識だろう。野球のバットのようにまっすぐ長く伸びるため、ふつうはぶつ切りの真空パック詰めで売られている。ヤマノイモの自然薯(じねんじょ)と呼ばれるイモに比べて栽培がたやすく、長い年月をかけることなく収穫可能、収穫作業も過度の労力を伴わない、という利点がある反面、自然薯よりも水っぽくて風味は格段に劣る。従って、安価。庶民が日頃購入しているのはヤマイモではなくナガイモの方だろう。薄くスライスして生食もよし、擂り鉢(すりばち)で擂って”とろろ”にするもよし。


茅ヶ崎市菱沼海岸・湘南海岸砂防林(国道134号線側に帰化、オニドコロも)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする