センブリ

千振 リンドウ目/リンドウ科/センブリ属 花期/10月下旬~11月中旬

薬用自生種稀少保護

センブリ 横浜市南区・こども植物園 2017/10/24

センブリ 横浜市南区・こども植物園 2017/10/24

山地や丘陵地の草地や林縁に生える一年草(越年草)。バラエティ番組の罰ゲームでお馴染み、あの激苦「センブリ茶」のセンブリ。名は、千回振り出し(煮出し)てもまだ苦みが出てくることに因む。ドクダミ(蕺草)ゲンノショウコ(現の証拠)と合わせて日本の三大民間薬に挙げられる。神奈川県内では丹沢や箱根といった山地で見かけるが、湘南・鎌倉・三浦半島で目にする機会はほぼない。辛うじて三浦半島の一部で細々と生き残って入るらしい。箱根の見頃は10月20日前後。草丈は人の脛(すね)程度で、小さめな野草である。

センブリ 横浜市南区・こども植物園 2017/10/24

センブリ 横浜市南区・こども植物園 2017/10/24

花弁の付け根に緑色をした二つの蜜腺があり、そのあたりにもしゃもしゃと毛が生える。

センブリ 横浜市南区・こども植物園 2017/10/24

センブリ 横浜市南区・こども植物園 2017/10/24

センブリ 横浜市南区・こども植物園 2017/10/24

センブリ 横浜市南区・こども植物園 2017/10/24

センブリ 箱根町・湖尻園地 2017/10/27

センブリ 箱根町・湖尻園地 2017/10/27

近似種に、花が紫色でやや大型なムラサキセンブリ(紫千振)、湿地性のイヌセンブリ(犬千振)がある。共に県内では絶滅寸前。


横浜市南区・こども植物園

三浦市

箱根町・仙石原、箱根町・湖尻園地、箱根町・駒ヶ岳、箱根町・明神ヶ岳

フォローする