ホタルブクロ

蛍袋 キク目/キキョウ科/ホタルブクロ属 花期/5月下旬~6月
学名/Campanula punctata Lam. var. punctata

自生種改良種保護

ホタルブクロ 茅ケ崎里山公園 2018/06/19

ホタルブクロ 茅ケ崎里山公園 2018/06/19

林縁部や草地に生える多年草。袋状(釣鐘形)の花を垂らす。昔は子供がこの花の中にホタルを入れて遊んだとかどうとか。鎌倉ではさほど群生はしないが随所で見られ、花の形が特徴あるため観光客にも印象深いだろう。花色は白、淡いピンク、薄い青紫など。晩夏に咲くツリガネニンジン(釣鐘人参)に似るが、ホタルブクロの方が明らかに大型。湘南・鎌倉・三浦半島では、自然がある程度残されている地域で普通種。鎌倉の社寺境内などではよく栽培もされる。

ホタルブクロ 横須賀市・衣笠山公園 2017/06/16

ホタルブクロ 横須賀市・衣笠山公園 2017/06/16

ホタルブクロ 鎌倉市・海蔵寺 2018/06/02

#ホタルブクロ 鎌倉市・海蔵寺 2018/06/02

ホタルブクロ 藤沢えびね・やまゆり園 2022/05/30

#ホタルブクロ 藤沢えびね・やまゆり園 2022/05/30

ホタルブクロのような花を咲かせる外国産のものは、ホタルブクロ属に分類される植物を総称していうカンパニュラの名前で呼ばれる。

ホタルブクロの花

花色は主に白っぽい薄紫色のもの、赤みが強いムラサキホタルブクロ(紫蛍袋)なる品種は湘南・鎌倉・三浦半島には分布はなく、民家などで栽培されているのをちらほら見かける程度。形状も多少の個体差あり。

ホタルブクロ 横浜市戸塚区・舞岡公園 2018/06/25

ホタルブクロ 横浜市戸塚区・舞岡公園 2018/06/25

ホタルブクロ 茅ケ崎里山公園 2018/06/19

ホタルブクロ 茅ケ崎里山公園 2018/06/19

ホタルブクロ 鎌倉市・海蔵寺 2018/06/02

#ホタルブクロ 鎌倉市・海蔵寺 2018/06/02

ホタルブクロ 藤沢えびね・やまゆり園 2022/05/30

#ホタルブクロ 藤沢えびね・やまゆり園 2022/05/30

ホタルブクロの変種にヤマホタルブクロ(山蛍袋)あり。両者の違いは、萼片と萼片の間の基部の部分の形状のみ。ホタルブクロの萼片と萼片の間には、付属片と呼ばれる、反り返ったミニ萼片のようなものがある。ぺろんとめくれ返った付属片がなく、膨らみがぼこっとあるだけならヤマホタルブクロ。なお両者の中間的な性質を持つものもあって明確な線引きはできない。

ホタルブクロの特徴 茅ケ崎里山公園 2018/06/19

ホタルブクロの特徴 茅ケ崎里山公園 2018/06/19

ホタルブクロの特徴 横浜市戸塚区・舞岡公園 2018/06/25

ホタルブクロの特徴 横浜市戸塚区・舞岡公園 2018/06/25

萼が花弁(花冠)化した二重咲きの園芸品種がある。

二重咲きホタルブクロ 鎌倉市長谷 2022/06/02

二重咲き#ホタルブクロ 鎌倉市長谷 2022/06/02


衣笠山公園、#覚園寺(愛染堂前庭園、撮影可)、#大巧寺、鎌倉市山ノ内・八雲神社(裏通り沿い)、#海蔵寺、#長谷寺、茅ケ崎里山公園(北部に多い、白)

新林公園

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

ヤマホタルブクロ