グラジオラス

キジカクシ目/アヤメ科/グラジオラス属 花期/6月下旬~8月

外来種改良種

アフリカなどを原産とする大型の多年草。名は古代ローマの剣グラディウスに因む。花は変化に富んでおり艶(あで)やか。知名度が高い人気種のはずだが、大きすぎて場所を取るせいかさほど多くは栽培されていない。湘南・鎌倉・三浦半島では、農家の庭の片隅に、農地の縁(へり)に、公園花壇に、ときどき見かけはするものの、観光客を惹きつけるほどの見栄えがよい展示はまずなく、雑草にごちゃごちゃまみれてしまっている残念な印象。時期早い台風の襲来で倒れやすく荒れるのも難点か。植物園でも主役を張れる花だと思うのだが──

グラジオラス 茅ヶ崎市浜之郷 2018/06/21

グラジオラス 茅ヶ崎市浜之郷 2018/06/21

グラジオラス 茅ヶ崎市浜之郷 2018/06/21

グラジオラス 茅ヶ崎市浜之郷 2018/06/21


江の島サムエル・コッキング苑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする