キジ

雉 鳥類/キジ目/キジ科/キジ属 見頃/4月~6月
学名/Phasianus versicolor Vieillot, 1825

食用在来種

鳥獣保護管理法「狩猟鳥獣」

キジの雄 寒川町田端 2020/04/14

キジの雄 寒川町田端 2020/04/14

甲高く”ケーン、ケーン”と大声で鳴くといわれる(実際はニワトリの鳴き声から頭の”コ”を抜いたような”ケーッ”という絶叫、水辺から聞こえてきたら声の主はカモ(鴨)かも)。日中は開けた草原や畑、水抜きされた田んぼなどでてくてく歩きながら餌をついばみ、夜は樹上で寝る。日本の国鳥。

キジの雄 寒川町田端 2020/04/14

キジの雄 寒川町田端 2020/04/14

繁殖シーズンに顔を赤らめた雄が縄張りを主張するためによく鳴くことで知られるが、「雉も鳴かずば撃たれまい」(口は災いのもと)の諺(ことわざ)の通り、普段は地面と保護色になっている羽根のためなかなか見つけられるものでない。鮮やかでド派手な柄(がら)のこの羽根のどこが保護色なんだと思われるかもしれないが、草木に紛れると意外と上手く”消える”。雌の羽根はウズラ(鶉)のように地味な茶色だが、こうなってしまうともう目の前にいても気づかないだろう。

農地で餌を探しているキジの雄(白色矢印) 寒川町田端 2020/04/14

農地で餌を探しているキジの雄(白色矢印) 寒川町田端 2020/04/14

畑に立ち入っては野菜の芽をついばんでしまうため農家からは嫌われている。とはいえ、鳥獣保護法などの関係で、残念ながら勝手に捕獲し食らうわけには参らない。駆除もできない。

農地で餌を探すキジの雄 寒川町田端 2020/04/14

農地で餌を探すキジの雄 寒川町田端 2020/04/14

肉が美味。トリ(鳥)といえば今ではニワトリを思い浮かべる人が多いだろうが、昔はキジのこと指したそうだ。なおキジ丼、キジ焼きなどにいうキジはニワトリ肉であることも多いので騙されてはいけない。ややこしい。

キジは、猟友会が狩猟鳥獣の確保を目的として放鳥を行っており、神奈川県内でも毎年600羽程度が野に放たれているという。そのためか、大型の鳥でありながら湘南・鎌倉・三浦半島でも稀に見かけることができるだろう。意外と数はいて、タヌキ(狸)よりも遭遇する機会は多いくらい。またキジの仲間で中国原産のコジュケイ(小綬鶏)も狩猟用に放鳥されれ、神奈川県内に広く定着している。

キジの雄 箱根湿生花園 2017/04/10

キジの雄 箱根湿生花園 2017/04/10

キジの雄 箱根湿生花園 2017/04/10

キジの雄 箱根湿生花園 2017/04/10


横浜市泉区・戸塚区・境川遊水地公園

横須賀市・太田和つつじの丘、葉山町・峯山(長者ヶ崎背後の山々)、鎌倉市・関谷耕作地、藤沢市・立石周辺境川沿い田畑、寒川町田端

鎌倉湿生花園

フォローする