カテンソウ

花点草 バラ目/イラクサ科/カテンソウ属 花期/3月下旬~4月

自生種

カテンソウの雄花 鎌倉市・円覚寺黄梅院 2017/03/25

カテンソウの雄花 鎌倉市・円覚寺黄梅院 2017/03/25

山地や丘陵地のやや湿った場所を好む小型の多年草で、よく群生する。雌雄同株(しゆうどうしゅ)の雌雄異花。雌花は葉腋に付くが小さすぎてあっても気づかない程のもの。人目に留まる紫色の粒々は雄花の蕾で、五本の雄蕊を開いて伸ばす。この雄蕊は一気に広がり、その勢いで花粉を散布させるという。湘南・鎌倉・三浦半島に自生あり。

カテンソウ 葉山町長柄・川久保 2018/03/18

カテンソウ 葉山町長柄・川久保 2018/03/18


円覚寺黄梅院(門外)

葉山町長柄・川久保

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする