ポテンティラ・レプタンス(仮)

おことわり


本頁の掲載内容は、参考資料が限られており、正確性には十分な担保がありません。八重咲きのオヘビイチゴではなく、キジムシロ属に分類される外国産の植物だ、と認識していただければとりあえずは十分と考えています。

バラ目/バラ科/キジムシロ属 花期/4月下旬~6月中旬
学名/Potentilla reptans L. ‘Pleniflora’

外来種改良種駆除稀少

ポテンティラ・レプタンス('プレニフローラ') 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス(’プレニフローラ’) 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ユーラシア大陸およびアフリカ大陸の北部を原産とする、常緑の多年草。ポテンティラ(ポテンチラ)とはキジムシロ属に分類される植物の総称。茎は地面を這って広がる地被植物で、どうやらグラウンドカバーとして日本へ入って来たらしい。なおライバルとなる他の草などが生えていると日光を求めて本種も立ち上がり気味になりふっくらとした草姿(そうし)となる。ポテンティラ・ベルナ(Potentilla verna)ないしポテンティラ・ネウマンニアナ(ポテンティラ・ノイマンニアナ、Potentilla neumanniana)の名前で流通していることもあるかもしれない。正確な正体(学名)は検討を要する。葉は掌状の小葉五枚のものがあるで、ぱっと見はオヘビイチゴ(雄蛇苺)のようである、が、オヘビイチゴはやや湿った草地に好んで生え、茎が立ってその先端に複数個の花が咲くのに対し、本種は市街地の道端に帰化するなどやや乾燥した場所を好むようで、葉腋(ようえき)から一本の長い花柄(かへい)を伸ばしてその先端に花を一つだけ付ける、という明確な違いあり。『神奈川県植物誌2018』に掲載なし。神奈川県立生命の星・地球博物館の大西亘学芸員に写真をご覧いただいたところ、「これは見たことない」「どうやらポテンティラ・ベルナの名で流通しているグランドカバープランツの八重咲のものが、おそらく写真と同一のものと思われます。」との所見を頂いた。標本を採取したとのことなので、今後の深入りした検討は大西さんに盛大に丸投げしたい。

新湘南バイパス下道の歩道沿いに生えたポテンティラ・レプタンス 茅ヶ崎市西久保 2021/04/30

新湘南バイパス下道の歩道沿いに生えたポテンティラ・レプタンス 茅ヶ崎市西久保 2021/04/30

植込みから歩道にはみ出てきたポテンティラ・レプタンス 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

植込みから歩道にはみ出てきたポテンティラ・レプタンス 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

花数が増えたポテンティラ・レプタンス 茅ヶ崎市西久保 2021/04/30

花数が増えたポテンティラ・レプタンス 茅ヶ崎市西久保 2021/04/30

ライバルある植込み内ではふっくら立ち上がるポテンティラ・レプタンス 茅ヶ崎市西久保 2021/05/12

ライバルある植込み内ではふっくら立ち上がる#ポテンティラ・レプタンス 茅ヶ崎市西久保 2021/05/12

アスファルトの隙間から生えたポテンティラ・レプタンス 横浜市緑区いぶき野 2021/05/04

アスファルトの隙間から生えたポテンティラ・レプタンス 横浜市緑区いぶき野 2021/05/04

アスファルトの隙間から生えたポテンティラ・レプタンス(左側の方も) 横浜市緑区いぶき野 2021/05/04

アスファルトの隙間から生えたポテンティラ・レプタンス(左側の方も) 横浜市緑区いぶき野 2021/05/04

アスファルトの隙間から生えたポテンティラ・レプタンス 横浜市緑区いぶき野 2021/05/04

アスファルトの隙間から生えたポテンティラ・レプタンス 横浜市緑区いぶき野 2021/05/04

夏のポテンティラ・レプタンス、花も実もなし 茅ヶ崎市西久保 2021/07/25

夏のポテンティラ・レプタンス、花も実もなし 茅ヶ崎市西久保 2021/07/25

小葉は五枚(大株になると七枚も)。若い葉でも五小葉なので、三小葉というものはふつうはないか。茎や葉柄などの日光が当たっている側は赤紫色を帯びやすい。なおオヘビイチゴはふつうは七小葉にならない。

ポテンティラ・レプタンスの五枚葉 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンスの五枚葉 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンスの七枚葉 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンスの七枚葉 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンスの葉のサイズ感 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンスの葉のサイズ感 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンスの葉裏(赤点はダニか) 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンスの葉裏(赤点はダニか) 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンスの長い葉柄 茅ヶ崎市西久保 2021/05/12

#ポテンティラ・レプタンスの長い葉柄 茅ヶ崎市西久保 2021/05/12

ポテンティラ・レプタンス(仮)の花

ぱっと見はよくある感じのヘビイチゴ(蛇苺)形で、花弁五枚の黄色花。花弁先端はサクラ(桜)のように切れ込みが入る。八重咲きのは’プレニフローラ’という品種らしい。

ポテンティラ・レプタンス('プレニフローラ') 茅ヶ崎市西久保 2021/04/30

ポテンティラ・レプタンス(’プレニフローラ’) 茅ヶ崎市西久保 2021/04/30

ポテンティラ・レプタンス('プレニフローラ')の蕾 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス(’プレニフローラ’)の蕾 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス('プレニフローラ') 茅ヶ崎市西久保 2021/04/30

ポテンティラ・レプタンス(’プレニフローラ’) 茅ヶ崎市西久保 2021/04/30

ポテンティラ・レプタンス('プレニフローラ') 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス(’プレニフローラ’) 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス('プレニフローラ') 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス(’プレニフローラ’) 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス('プレニフローラ')、花径2cm弱 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス(’プレニフローラ’)、花径2cm弱 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス('プレニフローラ') 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス(’プレニフローラ’) 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス('プレニフローラ')の花弁数のやや少ない花 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス(’プレニフローラ’)の花弁数のやや少ない花 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス('プレニフローラ')の花を後方から 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス(’プレニフローラ’)の花を後方から 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

前述の通り、葉腋から長い花柄を一本出してその先端に花を一個だけ付ける、という点が明らかにオヘビイチゴとは性質を異にする。これを見逃してしまうと本種を”八重咲きのオヘビイチゴ”と誤認してしまうことになるだろう。

ポテンティラ・レプタンス('プレニフローラ')の茎先端の花の出方 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス(’プレニフローラ’)の茎先端の花の出方 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス('プレニフローラ')の花(蕾)の出方 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス(’プレニフローラ’)の花(蕾)の出方 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス('プレニフローラ')の花後 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス(’プレニフローラ’)の花後 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス('プレニフローラ')の花後 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス(’プレニフローラ’)の花後 茅ヶ崎市西久保 2020/05/13

ポテンティラ・レプタンス('プレニフローラ')の花後 茅ヶ崎市西久保 2021/05/12

ポテンティラ・レプタンス(’プレニフローラ’)の花後 茅ヶ崎市西久保 2021/05/12

ポテンティラ・レプタンス(仮)の実

八重咲き品種の実は確認できていない(汚らしい花後の姿を実と認識できていないだけかもしれない)。八重咲きでありながらも雄蕊は(少なくとも形式的には)存在しているので、もしかしたら結実するかもしれない。道端に帰化しているものがあるので実生(みしょう)の可能性あり。但し土木工事が行われた場所であるため、搬入土砂に株や茎の一部などが混入していて再生した可能性も。よくわからない。周辺地域に実生が広がって行っている様子は伺えない。


横浜市緑区いぶき野(帰化、八重)

茅ヶ崎市西久保(新湘南バイパス下道の歩道沿い植え込みに帰化、八重)

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

オヘビイチゴ

ミツバツチグリ