ハナイカダ

花筏 モチノキ目/ハナイカダ科/ハナイカダ属 花期/4月中旬~5月初旬 結実期/7月~8月

食用自生種保護

ハナイカダの熟した実 座間谷戸山公園 2017/07/09

ハナイカダの熟した実 座間谷戸山公園 2017/07/09

林内や林縁部に生える落葉低木で、雌雄異株(しゆういしゅ)。葉の上に花が咲く、従って実も葉の上にできるというおもしろい特質で知られる。若葉や熟した実は食べることができるらしい。湘南・鎌倉・三浦半島では林が残る丘陵地でときたま見かける。多からず少なからず自生あり。

ハナイカダの花

葉柄(ようへい)が葉脈にめり込んだ結果、葉の上に花が咲く姿になったのではないかといわれる。花が少数(1~3個)しかなく花柱があったら雌株の雌花、花が多数(少数のことも)付き葯(やく)が確認できたら雄株の雄花。

ハナイカダの雄花 横浜市金沢区・金沢市民の森 2018/04/21

ハナイカダの雄花 横浜市金沢区・金沢市民の森 2018/04/21

ハナイカダの雄花 横浜市金沢区・金沢市民の森 2018/04/21

ハナイカダの雄花 横浜市金沢区・金沢市民の森 2018/04/21

ハナイカダの実

ハナイカダの若い実 横浜市南区・こども植物園 2017/06/04

ハナイカダの若い実 横浜市南区・こども植物園 2017/06/04

ハナイカダの熟した実 鎌倉中央公園 2017/08/24

ハナイカダの熟した実 鎌倉中央公園 2017/08/24

ハナイカダの熟した実 座間谷戸山公園 2017/07/09

ハナイカダの熟した実 座間谷戸山公園 2017/07/09

ハナイカダの完熟した実 鎌倉中央公園 2018/07/08

ハナイカダの完熟した実 鎌倉中央公園 2018/07/08


横浜市金沢区・金沢市民の森(A9~A10に雄株)、横浜市南区・こども植物園

円覚寺黄梅院、光則寺、長谷寺、鎌倉中央公園(農家風休憩舎から疎林広場へ、田んぼ周辺、田んぼから梶原口へ)

成就院(鉢植え)、フラワーセンター大船植物園(森の小道中程南側)

小田原市・早川石丁場群付近(多数)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする