ユキノシタ

雪の下 ユキノシタ目/ユキノシタ科/ユキノシタ属 花期/5月中旬~6月上旬

食用薬用自生種保護

ユキノシタ 鎌倉市・浄智寺谷戸 2018/06/02

ユキノシタ 鎌倉市・浄智寺谷戸 2018/06/02

直射日光の当たらない、ややじめじめ湿った岩場などに好んで生える常緑の多年草。鎌倉市雪ノ下地区の地名の由来にもなったといわれる(他説あり)。神奈川県内広域に自生あり。鎌倉にはややじめじめ湿った岩場がふんだんにあるため、観光客の目にも触れる機会は多いだろうと思う。近似種のハルユキノシタ(春雪の下)は神奈川県内では東丹沢の宮ヶ瀬湖周辺に分布し、湘南・鎌倉・三浦半島に自生はない。ただし栽培ものの逸出があるらしく、見分けは厄介である。ヒマラヤユキノシタ(ヒマラヤ雪の下)は似ても似つかぬ外来の別種。

ユキノシタ 鎌倉市・浄智寺谷戸 2018/06/02

ユキノシタ 鎌倉市・浄智寺谷戸 2018/06/02

葉はやや幅広で、縁(ふち)には大雑把な切れ込みが入る。葉表の葉脈は白っぽく斑(ふ)が入ったようになることからこれが葉の上に積もった白雪に見立てられ、雪の下に葉を広げるユキノシタという名前の由来になった模様。裏側は赤みを帯びる。春の小さな若葉は食用になるので、天麩羅などにして。

ユキノシタの葉 鎌倉中央公園 2018/06/02

ユキノシタの葉 鎌倉中央公園 2018/06/02

ユキノシタの葉裏 鎌倉中央公園 2018/06/02

ユキノシタの葉裏 鎌倉中央公園 2018/06/02

ユキノシタの花

上側の小さな花弁三枚はやや赤みを帯び、花弁基部に黄色い斑点、花弁中央に四つ程度の赤色の斑点が入る。

ユキノシタ 鎌倉市・浄智寺谷戸 2018/06/02

ユキノシタ 鎌倉市・浄智寺谷戸 2018/06/02

秋には近似種のダイモンジソウ(大文字草)やジンジソウ(人字草)が咲く。


田楽辻子の道(報国寺側入口、平成28年(2016)法面工事で滅失の可能性)、安国論寺、鶴岡八幡宮(丸山稲荷社下石垣)、建長寺回春院(大覚池畔)、円覚寺、浄智寺、長谷寺、鎌倉中央公園

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする