ヨコハマヒザクラ

横浜緋桜 バラ目/バラ科/サクラ属 花期/3月下旬~4月上旬

改良種

ヨコハマヒザクラ 茅ヶ崎市・中原街道 2018/03/27

ヨコハマヒザクラ 茅ヶ崎市・中原街道 2018/03/27

南足柄市のハルメキザクラ(春めき桜)が散り始めたら次は横浜市発祥のヨコハマヒザクラが見頃。横浜市港北区の白井勲氏がカンヒザクラ(寒緋桜)とケンロクエンクマガイ(兼六園熊谷)を交配させて作出した。現在、原木は横浜市中区・本牧山頂公園の観山広場(ひざくらの丘)に移植されている。ソメイヨシノ(染井吉野)が開花し始めた頃に見頃を迎える時期遅れのカワヅザクラ(河津桜)っぽいサクラ、とでも思っておくと見つけやすいかもしれない。ヨコハマヒザクラの植栽にはどうやら神奈川県が一枚噛んでいるようなので、横浜市内を中心に、県の影響が及ぶ県内の公園などに意外とちらほら植えられているように思われる。

ヨコハマヒザクラ 茅ヶ崎市・中原街道 2018/03/27

ヨコハマヒザクラ 茅ヶ崎市・中原街道 2018/03/27

花は大きく見応えあり。花色に限ってはカンヒザクラの影響色濃く、赤みは強め。雄蕊の花糸(かし)は白っぽいものから赤いものまであるようだ。

ヨコハマヒザクラ 茅ヶ崎市・中原街道 2018/03/27

ヨコハマヒザクラ 茅ヶ崎市・中原街道 2018/03/27

花柄(かへい)や額筒(がくとう)などは無毛と聞いているが、寒川神社のもの(および私がヨコハマヒザクラではないかと認めたもの)には細かい白色の産毛が見られる。肉眼ではほぼ無毛のように感じられるが、10倍ルーペで確認すれば多毛である。複数の系統があるのか既に交雑しているのかわからないが、花期にはやや幅があり、金沢自然公園では特に開花時期が揃わない。

ヨコハマヒザクラの特徴 茅ヶ崎市・中原街道 2018/03/27

ヨコハマヒザクラの特徴 茅ヶ崎市・中原街道 2018/03/27

ヨコハマヒザクラの蕾 茅ヶ崎市・中原街道 2018/03/27

ヨコハマヒザクラの蕾 茅ヶ崎市・中原街道 2018/03/27

ヨコハマヒザクラ 寒川神社 2016/03/29

ヨコハマヒザクラ 寒川神社 2016/03/29

ヨコハマヒザクラ 寒川神社 2016/03/29

ヨコハマヒザクラ(現在はこれより東側に移植されている) 寒川神社 2016/03/29

ヨコハマヒザクラの萼 寒川神社 2016/03/29

ヨコハマヒザクラの萼 寒川神社 2016/03/29

ヨコハマヒザクラ 寒川神社 2017/04/03

ヨコハマヒザクラ(移植後) 寒川神社 2017/04/03

少しだけ早く咲くだろうか、ほぼ同時期のヨウコウ(陽光)と紛らわしい。


横浜市中区・本牧山頂公園、横浜市金沢区・金沢自然公園(メジロ(目白)などの野鳥撮影を狙うカメラマンが三脚構えて常駐しているため近くで観察できない)

鎌倉中央公園(管理者は品種不明というがおそらく本種)、茅ヶ崎市・県道45号丸子中山茅ヶ崎線(中原街道の茅ヶ崎市消防署本署(旧消防本部)周辺のまばらな街路樹、市は品種不明というがおそらく本種、低木ばかりなので花の観察にはよい)、寒川神社(南門西側、平成29年(2017)納札殿側へ移植、高木)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする