ヤマルリソウ

山瑠璃草 ムラサキ目/ムラサキ科/ルリソウ属 花期/3月下旬~4月

自生種稀少保護

丘陵地の林床などに生える多年草。葉はロゼットのように開き、キランソウ(金瘡小草)程ではないにせよ地べたに張り付き気味になる。葉などに毛が多く、ざらざらした印象を受ける。神奈川県では北西部の山地に多いか。鎌倉では栽培ものも含めて見かけない。

ヤマルリソウ 秦野市・立野緑地 2017/04/06

ヤマルリソウ 秦野市・立野緑地 2017/04/06

花は同じムラサキ科のワスレナグサ(勿忘草)に似る。雰囲気的にはホタルカズラ(蛍葛)とも勘違いしそう。大きさは全く違うがキュウリグサ(胡瓜草)なども同様の形状の花を咲かせる。


横浜市栄区・横浜自然観察の森

森戸川源流

厚木市・荻野運動公園(野草園)、秦野市・立野緑地

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする