ヤブウツギ

藪空木 マツムシソウ目/スイカズラ科/タニウツギ属 花期/5月上旬

ヤブウツギ 静岡県小山町・ふじあざみライン 2017/06/20

ヤブウツギ 静岡県小山町・ふじあざみライン 2017/06/20

山地に生える落葉低木。ハコネウツギ(箱根空木)ニシキウツギ(二色空木)の花は白から赤へ変色し、タニウツギ(谷空木)はかわいらしい淡いピンク色、ヤブウツギの花色は濃いピンク(ほぼ赤に見えるか)、蕾のうちから濃いピンクである。葉裏や花冠外面が毛深いのが最大の特徴。別名ケウツギ(毛空木)、ビロードウツギ(ビロード空木)。葉柄(ようへい)が極端に短く、5mm程度しかないのも見分けのポイント。神奈川県内では丹沢や箱根といった県北西部の山地に自生し、湘南・鎌倉・三浦半島では見ない。栽培されることもなかなかないようだが、咲くとするならツクバネウツギ(衝羽根空木)がすこし見頃を過ぎかけた頃にではないかと予想。

ヤブウツギ 静岡県小山町・ふじあざみライン 2017/06/20

ヤブウツギ 静岡県小山町・ふじあざみライン 2017/06/20

ヤブウツギ 静岡県小山町・ふじあざみライン 2017/06/20

ヤブウツギ 静岡県小山町・ふじあざみライン 2017/06/20

花が白色のままのものはシロバナヤブウツギ(白花藪空木)という。
花がはじめ白色で赤く変色するものはニシキヤブウツギではなくなぜかニシキビロードウツギ(二色ビロード空木)という。


箱根(5月末~6月中旬)、静岡県駿東郡小山町・富士山須走口・県道150号ふじあざみライン(6月中旬~下旬)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする