ウワミズザクラ

上溝桜 バラ目/バラ科/ウワミズザクラ属 花期/4月中旬~下旬 結実期/6月下旬~8月中旬

自生種稀少

ウワミズザクラ 平塚市・総合公園 2017/04/19

ウワミズザクラ 平塚市・総合公園 2017/04/19

名は、この木の板に溝を彫ったものが亀卜(きぼく、かめうら)という占いで使われていたことに因むという。卜(うら)・溝(みぞ)・桜(さくら)。神奈川県相模原市の上溝(かみみぞ)地区原産のサクラ(桜)というわけではなく、県内各所に自生。

ウワミズザクラの花

サクラの仲間なので葉はサクラだが、花は花序を形成し白色ブラシのように見える。

ウワミズザクラ 平塚市・総合公園 2017/04/19

ウワミズザクラ 平塚市・総合公園 2017/04/19

ウワミズザクラ 平塚市・総合公園 2017/04/19

ウワミズザクラ 平塚市・総合公園 2017/04/19

ウワミズザクラ 平塚市・総合公園 2017/04/19

ウワミズザクラ 平塚市・総合公園 2017/04/19

よく似たイヌザクラ(犬桜)もじきに開花する。枝から伸びた花柄(かへい)に葉が付くのがウワミズザクラ、葉がないのがイヌザクラ。

ウワミズザクラ 平塚市・総合公園 2017/04/19

ウワミズザクラ 平塚市・総合公園 2017/04/19

ウワミズザクラの実

雌雄同株(しゆうどうしゅ)。実は黄、赤、黒と色付いて熟す。熟した実はおそらく鳥が啄(ついば)んでゆくのだろう、一週間もたたないうちに消えてなくなっている。


横浜市金沢区・金沢自然公園(みずの谷の木橋西側

源氏山、茅ケ崎里山公園(パークセンターから一寸峠(ひとあしとうげ)へ向かう途中の右手東側・栗の木広場への下り口にある広場にウワミズザクラ3本・イヌザクラ1本植樹、平成29年(2017)初夏に1本倒伏・支柱で囲い再生図る、付近に咲く妙な花はヤマグワ(山桑)の雄花)、清水谷(湿地の木道を南東へ降りた辺りに植樹)、平塚市・総合公園(野外ステージ付近)、高麗山公園(地獄沢口など)

秦野市・葛葉緑地(駐車場)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする