ウマノアシガタ

馬の足形 キンポウゲ目/キンポウゲ科/キンポウゲ属 花期/4月下旬~5月

有毒自生種稀少保護

ウマノアシガタ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/04/26

ウマノアシガタ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/04/26

草地に生える多年草。別名キンポウゲ(金鳳花)。なおキンポウゲは八重咲のもののみを指す向きも。花色は明るい黄色。各地に生えるというが、見ない。

キツネノボタン(狐の牡丹)に似るが、ウマノアシガタは明らかにひょろ長。日陰で生育が悪すぎて豪快に徒長(とちょう)しちゃったかのようなひょろ長。

ウマノアシガタ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

ウマノアシガタ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

ウマノアシガタ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

ウマノアシガタ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

ウマノアシガタ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/04/26

ウマノアシガタ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/04/26

ウマノアシガタ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/04/26

ウマノアシガタ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/04/26

花弁が丸っこいのも大きな特徴。花弁には照りがあるため、ストロボ撮影を行うとつやつやてかてか輝く。

ウマノアシガタ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/04/26

ウマノアシガタ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/04/26

毛深く黄色っぽい萼が花弁に張り付く。

ウマノアシガタの萼 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

ウマノアシガタの萼 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

さて、花も葉も、どこをどう見れば馬の足形っぽいのかはまったくもって不明。葉が鳥の足形のような形状をしていなくもないので、馬ではなく鳥の誤植なのではないかといわれる始末。

葉はハモグリバエ(葉潜蠅)の被害に遭いやすい。

ウマノアシガタの葉(向かって右側は根生葉) 横浜市戸塚区・俣野園 2017/04/26

ウマノアシガタの葉(向かって右側は根生葉) 横浜市戸塚区・俣野園 2017/04/26


横浜市戸塚区・俣野園(鉢植え)

小網代の森、円覚寺龍隠庵(参道、~6月)、光則寺

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする