ウバメガシ

姥目樫 ブナ目/ブナ科/コナラ属 花期/4月下旬 結実期/9月~11月

自生種稀少保護

神奈川県レッドリスト2006「絶滅危惧IA類」

ウバメガシ 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/04/26

ウバメガシ 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/04/26

海岸林などに生える落葉小高木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)の雌雄異花。ドングリができる木の一種である。神奈川県内の自生地は横須賀市御幸浜・武山駐屯地にある岩崎山。湘南海岸砂防林などには人工的に植樹されており目にする機会は少なくない。ウバメガシ材は硬く、備長炭を作るのに用いられることで有名。

ウバメガシ(右側、雄花で茶色っぽく見えるもの) 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/04/26

ウバメガシ(右側、雄花で茶色っぽく見えるもの) 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/04/26

ドングリ系にしては葉は小振りで、縁(ふち)が少しカールする。

ウバメガシの花

目立つのは雄花の穂。

ウバメガシの雄花の蕾 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/04/26

ウバメガシの雄花の蕾 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/04/26

ウバメガシの雄花 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/04/26

ウバメガシの雄花 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/04/26

雌花は新しい枝の葉腋(ようえき)にできる。なんだか赤っぽい色をしたものから花柱らしき突起が三本飛び出ているように見えなくもないけれど小さすぎて肉眼ではよくわからない、という感じのもの。

ウバメガシの雌花 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/04/26

ウバメガシの雌花 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/04/26

ウバメガシの実(ドングリ)

ウバメガシの若い実(ドングリ) 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/09/26

ウバメガシの若い実(ドングリ) 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/09/26

ウバメガシの若い実(ドングリ) 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/09/26

ウバメガシの若い実(ドングリ) 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/09/26


横須賀市東浦賀・叶神社(東叶神社裏の明神山=浦賀城跡=県指定天然記念物「叶神社の社叢林」に、現地の「横須賀風物百選 東叶神社」案内板にウバメガシ自生とあるが現在は植栽とみられている)、武山駐屯地(岩崎山、非公開)

城ケ島(馬の背洞門、自生滅失・新たな若木あれば”再発見”)

参考資料

「FLORA KANAGAWA No.61」 神奈川県植物誌調査会発行(2006)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする