タラノキ

楤木 セリ目/ウコギ科/タラノキ属 旬/3月下旬~4月上旬 花期/8月下旬~9月 結実期/9月下旬~10月

食用自生種保護

タラノキ(メダラ)の芽(たらの芽) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/23

タラノキ(メダラ)の芽(たらの芽) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/23

林縁部などに生える落葉低木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。神奈川県内にも広く自生するとされる。湘南・鎌倉・三浦半島で稀に見るのは人為的に植えられたもの(の名残り)のような気も。メダラ(雌楤)は棘(とげ)がない、または少ないタラノキのこと。雌雄をいうものではない。

タラノキ(メダラ)の棘のない幹 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/24

タラノキ(メダラ)の棘のない幹 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/24

タラノキの初夏の葉 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

タラノキの初夏の葉 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

初夏以降のタラノキは春の”たらの芽”の時期とは様子が打って変わって、葉柄や葉脈に凶暴な棘(とげ)がたくさん見られる異様な木になっているだろう。”まさかこれがあのタラノキなのか?”といった状況。棘があって危ないからという理由で、タラノキと知らず切られてしまうこともあるようだ。

タラノキの初夏の葉 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

タラノキの初夏の葉 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

タラノキの葉裏 横須賀市・馬堀自然教育園 2017/07/07

タラノキの葉裏 横須賀市・馬堀自然教育園 2017/07/07

タラノキの芽(たらの芽)

タラノキの新芽を”たらの芽”といい、春ならではの山菜として絶大な人気を誇る。天麩羅などにするとよい。東京のソメイヨシノ(染井吉野)が見頃を迎えたとかいうニュースがテレビ・新聞を賑わすようになった頃、タラノキの頂芽(ちょうが)が割れて若葉が顔を出す。その瞬間が採り頃。たった一日でずいぶんと成長してしまうので食べ頃のものを採取するには予め芽の様子を観察し収穫日を予測しておくことが必要になる。

収穫するには少し早いタラノキ(メダラ)の芽(たらの芽) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/24

収穫するには少し早いタラノキ(メダラ)の芽(たらの芽) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/24

タラノキ(メダラ)の芽(たらの芽) ※上の写真と同一個体 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/27

タラノキ(メダラ)の芽(たらの芽) ※上の写真と同一個体 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/27

これくらいの、葉が左右に開いていない状態のものが採り頃。

タラノキ(メダラ)の芽(たらの芽) ※上の写真と同一個体 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/28

タラノキ(メダラ)の芽(たらの芽) ※上の写真と同一個体 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/28

タラノキ(メダラ)の芽(たらの芽) ※上の写真と同一個体 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/29

タラノキ(メダラ)の芽(たらの芽) ※上の写真と同一個体 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/29

タラノキ(メダラ)の芽(たらの芽) ※上の写真と同一個体 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/31

タラノキ(メダラ)の芽(たらの芽) ※上の写真と同一個体 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/31

タラノキ(メダラ)の芽(たらの芽) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/24

タラノキ(メダラ)の芽(たらの芽) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/24

タラノキの芽(たらの芽) 藤沢市・川名清水谷戸 2017/04/02

タラノキの芽(たらの芽) 藤沢市・川名清水谷戸 2017/04/02

タラノキ(メダラ)の収穫されずに残された側芽(たらの芽) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/04/13

タラノキ(メダラ)の収穫されずに残された側芽(たらの芽) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/04/13

たらの芽は、幹の頂上に付く頂芽(ちょうが)が旨いという。芽はすべて摘み取ってしまう葉を伸ばすことができず株が枯れてしまうので、側芽(そくが)は収穫せずに必ず残すのが鉄則。

タラノキ(メダラ)の収穫されずに残された側芽(たらの芽) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/04/13

タラノキ(メダラ)の収穫されずに残された側芽(たらの芽) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/04/13

タラノキの伸長した芽 東京都小平市・薬用植物園 2017/04/08

タラノキの伸長した芽 東京都小平市・薬用植物園 2017/04/08

あまり枝分かれしない一本幹に棘が多いのがタラノキである。同じウコギ科のハリギリ(針桐)の幼木もタラノキによく似ている。湘南・鎌倉・三浦半島のハイキングコース沿いなどで比較的頻繁に出会えるのはハリギリの方。棘のないコシアブラ(漉油)も同様に山菜となる。なお幹に棘のないものはウルシ(漆)の芽である可能性もあるので注意が必要。ウルシは体質によりかぶれる人もあるため、うっかり食べると喉もかぶれて呼吸困難に。湘南・鎌倉・三浦半島でウルシを見ることは(鎌倉広町緑地を除いて)まずないが。

ウルシの芽 東京都小平市・薬用植物園 2017/04/08

ウルシの芽 東京都小平市・薬用植物園 2017/04/08

タラノキの花

茎の頂上で上向きに咲く。大きく育った株では人の目線よりも遙かに高所で咲くため観察できず、小さめのものでは今度は花が付かず、とまぁなかなか花見に難しい。

タラノキの実


横浜市南区・こども植物園、横浜市金沢区・横浜自然観察の森

馬堀自然教育園、藤沢市・川名清水谷(栽培)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする