タムシバ

田虫葉 モクレン目/モクレン科/モクレン属 花期/3月末~4月上旬

薬用改良種稀少

タムシバ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

タムシバ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

コブシ(辛夷)の説明で必ず名前を挙がるのがタムシバ。確かに両者は花がそっくり。「コブシの花には一枚葉が付属し、タムシバの花には葉が付かないことで見分けられる」という解説が定型文だが、この他に、タムシバの花は緑色の枝に付く(コブシの花は茶色の枝に付く)、タムシバの雄蕊先端が赤い、といったあたりも見分けポイントとなる。開花時期も遅く、コブシの花が終わってすっかり傷んだ頃になってようやく、タムシバは花を開き始める。

タムシバ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

タムシバ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

蕾は明るい黄緑色をしているものの、花開くと色は薄れて白っぽく変わる。コブシに見られる花弁外側の赤紫色の筋(すじ)模様は、タムシバにはない。

タムシバ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

タムシバ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

タムシバ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

タムシバ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

タムシバの花には爽やかで良好な芳香があるため別名ニオイコブシ(匂辛夷)とも。葉は花のあとに出るが、噛むとキシリトールのような甘味を感じるとか。タムシバという名はカムシバ(噛む柴)から転じたものといわれている。

タムシバ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

タムシバ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

タムシバは主に日本海側の寒冷な山地に分布し、神奈川県に自生はない。県内平地は比較的温暖なためおそらく生育には環境が不向き。従って社寺境内や公園などに植えられていることもない。神奈川県内でタムシバらしきものを見かけたらそれはコブシであると即断して不都合ない。私の知る限りでは、神奈川県近郊でタムシバを見ることができるのは東京都小平市にある東京都薬用植物園だけ。

コブシとタムシバの交配種とされている園芸品種’ワダズメモリー(Wada’s Memory、ワダスメモリー、東北弁ではなくシャクナゲ(石楠花)育種家として著名な和田弘一郎氏に因む名前)’がタムシバないしニオイコブシとして植栽されていることが稀にある。爽やかな甘い芳香が強いのが特徴。ワダズメモリーの花にはコブシのように葉が付属する。


東京都小金井市・JR中央本線「武蔵小金井」駅北口(シルクロード五番街にワダズメモリーの並木)、東京都薬用植物園(ロックガーデン中央に低木あり、生育やや不良、花も葉も近くで観察できない・香りも試せない、3月末~4月上旬)、横浜市金沢区・金沢自然公園(平成25年度(2013)「横浜市動物園年報」に3本ありと記載、平成29年(2017)なんだろ坂に2本確認=1本には「タムシバ」との樹名板あるがアメリカ産園芸種’イユーファー(Iufer)’、1本は詳細不明・花付き極めて不良)

フラワーセンター大船植物園(なし)、花菜ガーデン(ワダズメモリー1本、生育やや不良、平成26年(2014)花芽なし、平成29年(2017)開花あり・花期普通・一斉に満開しない)

相模原公園(りりちゃん橋周辺にあったという古い情報あり、平成29年(2017)ないとの回答・現地確認したがやはりなし)、麻溝公園(平成29年(2017)ないとの回答)、厚木市・神奈川県自然環境保全センター(存在したという古い情報あり、平成29年(2017)ないとの回答)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする