タムラソウ

田村草 キク目/キク科/タムラソウ属 見頃/8月~10月

自生種稀少保護

タムラソウ 箱根湿性花園 2017/10/01

タムラソウ 箱根湿性花園 2017/10/01

草原などに生える多年草。アザミ(薊)に分類はされないが花はアザミ。湘南・鎌倉・三浦半島で同時期に普通に咲いているアザミはおそらくタイアザミ(大薊)だろう。タムラソウはかなり稀で、人があまり入り込まない丘陵地のひょんな場所にこっそりある程度。

総苞は手で触っても粘着性がないためべたつかず、総苞片は反り返らない。

タムラソウ 箱根湿性花園 2017/10/01

タムラソウ 箱根湿性花園 2017/10/01

タムラソウ 箱根湿性花園 2017/10/01

タムラソウ 箱根湿性花園 2017/10/01

タムラソウの最大の特徴は、とげとげいがいが感が一切ない柔らかな葉っぱ。葉を見ればアザミとの違いは一目瞭然である。葉は虫食い被害が多くてずたぼろになっているが。

タムラソウの葉 箱根湿性花園 2017/10/01

タムラソウの葉 箱根湿性花園 2017/10/01

タムラソウの葉 箱根湿性花園 2017/10/01

タムラソウの葉 箱根湿性花園 2017/10/01

名前が紛らわしいアキノタムラソウ(秋の田村草)はまったくアザミっぽくないシソ科の別種。


塚山公園(中央広場休憩所周辺、早咲き早終わり)、高麗山公園

箱根湿性花園(9月下旬~10月中旬)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする