タマスダレ

玉簾 ユリ目/ヒガンバナ科/タマスダレ属 花期/9月上旬

有毒外来種

ペルー原産。通路脇などにまとめて植えておくと、足下で白花の群生が美しく映える。花が上を向くので人の目に楽しい。

タマスダレ 大巧寺 2012/09/09

タマスダレ 大巧寺 2012/09/09

タマスダレの葉と鱗茎

なんともおいしそうな、ワケギ(分葱)?アサツキ(浅葱)?ラッキョウ(辣韮)?エシャレット?ノビル(野蒜)だろうか?

タマスダレ 茅ヶ崎市 2016/10/24

葉は万能ねぎのように刻みたくなるフォルム。鱗茎は豚こまと一緒に炒めれば‥。などと食欲をそそるこの作物は、じつは花が終わった後のタマスダレ。さすがに花が咲いているうちは食べようと思う人は出てこないだろうが、葉がよく繁ってくるともうネギ(葱)の仲間にしか見えない。しかしこのタマスダレは、有毒。葉や球根状の鱗茎(りんけい)を食べると嘔吐や痙攣(けいれん)といった中毒症状を引き起こしてしまうので、誤って食べないよう注意したい。
しかし知った上で改めて見ても、やっぱりどうして旨そうなのである。


大巧寺

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする