スギ

杉 マツ目/ヒノキ科/スギ属 花期・花粉症/2月中旬~3月 結実期/12月

花粉症自生種改良種

スギの雄花 大井町・篠窪隧道 2018/02/27

スギの雄花 大井町・篠窪隧道 2018/02/27

丘陵地や山地に生える常緑の針葉樹。雌雄同株(しゆうどうしゅ)の雌雄異花。屋久杉や秋田杉などの呼称はたくさんあれど、植物の名称としてはすべて単なるスギで、スギ属にはその一種しかない。

スギ(御神木) 寒川神社 2018/01/20

スギ(御神木) 寒川神社 2018/01/20

本堂裏にそびえる開花時期を迎えたスギ 鎌倉市植木・龍宝寺 2018/02/15

本堂裏にそびえる開花時期を迎えたスギ 鎌倉市植木・龍宝寺 2018/02/15

スギ(赤茶色を帯びた樹木) 茅ケ崎里山公園 2018/02/17

スギ(赤茶色を帯びた樹木) 茅ケ崎里山公園 2018/02/17

スギ材は基本的な木材なため、スギ林は人為的に植えられたもの。かつては「スギさえ植えときゃー相続税くらいは支払えるっていわれてた」ため、林業を営んでいるわけではない土地持ちもこぞってスギを植えた。ところがどっこい、高度経済成長期(-昭和48年(1973))を過ぎた途端に外国産スギ材に押されて価格は暴落、人件費は高騰。相続税を賄うどころか手入れをするだけ赤字に陥る始末となってしまった。現在見られる、ろくに枝落としもされていない、倒木あってもほったらかし、毎年毎年ただスギ花粉を撒き散らしているだけ、という荒れたスギ林はこうして放置されているものである。

スギ 山北町・大野山 2017/01/05

スギ 山北町・大野山 2017/01/05

スギの花

葉先にたくさん付いている松ぼっくりの卵みたいなものが雄花。蕾のときと大差ない姿をしているがこれでも咲いている状態で、何らかの衝撃で枝が揺れると花粉を飛散させる。スギの下部の枝は”枝打ち”されているはずなので、なかなか花を間近で観察できる機会はないかもしれない。

スギの雄花 大井町・篠窪隧道 2018/02/27

スギの雄花 大井町・篠窪隧道 2018/02/27

スギの雄花と飛散する花粉 大井町・篠窪隧道 2018/02/27

スギの雄花と飛散する花粉 大井町・篠窪隧道 2018/02/27

スギの雄花と飛散する花粉 大井町・篠窪隧道 2018/02/27

スギの雄花と飛散する花粉 大井町・篠窪隧道 2018/02/27

スギの実

スギの実 山北町・大野山 2017/01/05

スギの実 山北町・大野山 2017/01/05

スギの実 山北町・大野山 2017/01/05

スギの実 山北町・大野山 2017/01/05


横浜市金沢区・朝夷奈峠・熊野神社(花粉は霧がかるがごとし)

蘆花記念公園旧脇村邸(裏)

大井町山田・篠窪隧道(南西側、低所に花)、山北町・大野山(山頂広場南西、低所に花)、湯河原町・幕山公園(駐車場周辺、やや低所に花)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする