ソバ

蕎麦 ナデシコ目/タデ科/ソバ属 花期/9月中旬~10月上旬 結実期/11月下旬

食用改良種

ソバ 鎌倉市・広町緑地 2017/09/11

ソバ 鎌倉市・広町緑地 2017/09/11

ざる蕎麦、もり蕎麦のソバ。中国原産らしい。タデ科の一年草。寒冷地での栽培が多い。

葉は、茎上部の花が咲くあたりでは茎を抱き、下部ではふつうに長い葉柄(ようへい)がある。

ソバの葉 鎌倉市・広町緑地 2017/09/11

ソバの葉 鎌倉市・広町緑地 2017/09/11

シャクチリソバ(赤地利蕎麦)という紛らわしい帰化植物がある。

ソバの花

秋に小さな白花を多数付ける。自家受粉できるイネ(稲)とは違って他家受粉(たか-)が必要。ハチ(蜂)やアブ(虻)などを多数呼び寄せる必要があるため花は匂いが強めだが、その香りがなんとも残念。鶏糞のような肥やし臭が近隣に漂う。

ソバ 鎌倉市・広町緑地 2017/09/11

ソバ 鎌倉市・広町緑地 2017/09/11

ソバ 鎌倉市・広町緑地 2017/09/11

ソバ 鎌倉市・広町緑地 2017/09/11

ソバの花は花弁がひしゃげてしまうくらい窮屈に密生する。シャクチリソバはそこまで密でない。

ソバ 鎌倉市・広町緑地 2017/09/11

ソバ 鎌倉市・広町緑地 2017/09/11

ソバの実

実の殻を取り除き、中の白い胚乳を石臼で挽いて粉末にすれば蕎麦の原料である蕎麦粉になる。殻は蕎麦殻と呼ばれ、昔は枕の詰め物にされていた。

ソバ(高嶺ルビーNeo)の実 フラワーセンター大船植物園 2016/11/29

ソバ(高嶺ルビーNeo)の実 フラワーセンター大船植物園 2016/11/29

ソバ(高嶺ルビーNeo)の実 フラワーセンター大船植物園 2016/11/29

ソバ(高嶺ルビーNeo)の実 フラワーセンター大船植物園 2016/11/29


広町緑地(畑)、フラワーセンター大船植物園(そば畑)

伊勢原市日向(日向薬師東方の畑で栽培)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする