シャクナゲ

石楠花 ツツジ目/ツツジ科/ツツジ属 花期/3月下旬~6月 見頃/4月下旬

有毒改良種

シャクナゲ 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/22

シャクナゲ 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/22

高山に分布する常緑の低木ないし小高木。葉が大きく、花が固まって球形に咲くツツジ(躑躅)の仲間の総称。公園や寺境内などに植えられているものは品種改良された園芸種が主。ヨーロッパで品種改良されたものを特にセイヨウシャクナゲ(西洋石楠花)と呼ぶことがある。アメリカシャクナゲといったらカルミアのこと。湘南・鎌倉・三浦半島に自生なく、栽培ものを見るのみ。品種が多彩なため花期は長いが、多くは4月中旬あたりから開花し下旬が見頃。まだ少し蕾が混じるくらいの時期が花に張りがあって美しい。

シャクナゲ('金時') 横浜市南区・こども植物園 2018/03/15

シャクナゲ(’金時’) 横浜市南区・こども植物園 2018/03/15

シャクナゲ 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/22

シャクナゲ 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/22

シャクナゲ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/04/26

シャクナゲ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/04/26


横須賀しょうぶ園(46品種400株、3月末~4月上旬、4~6月は入園および駐車有料)、報国寺、海蔵寺、光照寺、鎌倉市笛田・佛行寺

厚木市・七沢森林公園(かながわの花の名所100選)、箱根町・強羅公園(4月20日~25日、午前中、かながわの花の名所100選)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする