セリバヒエンソウ

芹葉飛燕草 キンポウゲ目/キンポウゲ科/オオヒエンソウ属 花期/4月中旬~5月中旬

有毒外来種駆除

セリバヒエンソウ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

セリバヒエンソウ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

葉がセリ(芹)のようで花が飛翔するツバメ(燕)に喩(たと)えられた一年草。花は淡い紫色ないし紫がかった薄ピンク色といったところ。山野に生える花の色も形も風流な貴重な野草で、ぜひ次世代に受け継いでいってもらいたい日本の美しい春の自然である。とかなんとかいいたくなる姿をしているが、じつは中国原産の外来種。見た目に反して生命力は豊か。旺盛に群れて繁って日本在来の植物を駆逐する侵略的外来生物である。駆除が望ましい。

葉はセリというよりヨモギ(蓬)っぽい。花の後方に長く突き出た距(きょ)がよく目立つか。

セリバヒエンソウ(葉のてかりは雨のしずく) 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

セリバヒエンソウ(葉のてかりは雨のしずく) 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08


光則寺(門前)、広町緑地

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする