セイヨウジュウニヒトエ

西洋十二単 シソ目/シソ科/キランソウ属 花期/4月中旬~下旬

外来種駆除

セイヨウジュウニヒトエ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

セイヨウジュウニヒトエ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

ヨーロッパ原産。花色は紫から濃い紫。セイヨウキランソウ(西洋金瘡小草)、あるいはキランソウ属を意味するアジュガ(Ajuga)の名でも呼ばれる。群生させると(同じシソ科の)ラベンダーを連想させる。園芸用に好まれ、ジュウニヒトエの名を騙(かた)って花壇や庭に植えられているもののほとんどは日本在来のジュウニヒトエではなく、このセイヨウジュウニヒトエである。

セイヨウジュウニヒトエ 平塚市・花菜ガーデン 2017/04/21

セイヨウジュウニヒトエ 平塚市・花菜ガーデン 2017/04/21

セイヨウジュウニヒトエ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

セイヨウジュウニヒトエ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

匍匐茎(ほふくけい)を横に伸ばして増えるので群生させやすい。

セイヨウジュウニヒトエの匍匐茎 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

セイヨウジュウニヒトエの匍匐茎(左上の白花はオオアマナ) 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

多く栽培されるにつれ、自然界への帰化が問題に。キランソウなどとの交雑が確認されている。


大巧寺(ムベ(郁子)棚の下)、東慶寺(畑)、花菜ガーデン、大磯城山公園(管理事務所向かい花壇)

氷室椿庭園

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする