セイバンモロコシ

西蕃蜀黍 イネ目/イネ科/モロコシ属 花期/10月~11月

外来種駆除

生態系被害防止外来種リスト「総合対策外来種」

ノギナシセイバンモロコシ 茅ヶ崎市芹沢 2016/10/25

ノギナシセイバンモロコシ 茅ヶ崎市芹沢 2016/10/25

地中海沿岸などを原産とする外来種。西蕃は西方の外国の意。英名ジョンソングラス(Johnson grass)。日本では河川敷や道路沿いなどの荒れ地に帰化している。遠目に見るとススキ(芒)のようで、葉も白い葉脈が一本入っておりススキやオギ(荻)のもの。ということはヨシ(葦)ではない。そして明らかに花穂(かすい)が違う。一本の筋(すじ)にふわふわ綿毛がまとわりついているあの感じじゃない。どこかイヌムギ(犬麦)を連想させるような形状で、赤紫色を帯びている。ときたら本種だろう。生命力の強い多年草で、駆除するには引っこ抜かなければいけない。ススキなどと同様で背丈1~2mに成長する。

セイバンモロコシ 茅ヶ崎市西久保・小出川(湘南タゲリ米の里付近) 2016/10/18

セイバンモロコシ 茅ヶ崎市西久保・小出川(湘南タゲリ米の里付近) 2016/10/18

セイバンモロコシ(左奥の穂はオギ) 茅ヶ崎市西久保・小出川 2016/10/18

セイバンモロコシ(左奥の穂はオギ) 茅ヶ崎市西久保・小出川 2016/10/18

セイバンモロコシ 茅ヶ崎市西久保・小出川 2016/10/18

セイバンモロコシ 茅ヶ崎市西久保・小出川 2016/10/18

セイバンモロコシの穂 茅ヶ崎市西久保・小出川 2016/10/18

セイバンモロコシの穂 茅ヶ崎市西久保・小出川 2016/10/18

ノギナシセイバンモロコシの花穂 茅ヶ崎市芹沢 2016/10/25

ノギナシセイバンモロコシの花穂 茅ヶ崎市芹沢 2016/10/25

小穂に芒(のぎ)が一切見られないものはヒメモロコシ(姫蜀黍)ないしノギナシセイバンモロコシ(芒無西蕃蜀黍)と呼ばれる。

ノギナシセイバンモロコシの葉 茅ヶ崎市芹沢 2016/10/25

ノギナシセイバンモロコシの葉 茅ヶ崎市芹沢 2016/10/25

葉はススキなどと違ってつるつるした肌触りで縁(ふち)もぎざぎざした鋭利なものでなく、うっかり触れてしまっても切り傷を負うような危険はない。


小出川(湘南タゲリ米の里付近)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする