サツキ

皐月 ツツジ目/ツツジ科/ツツジ属 花期/5月下旬~6月上旬 紅葉/1月下旬~2月中旬

改良種

神奈川県レッドリスト2006「絶滅危惧IB類」

サツキ 横須賀市・くりはま花の国 2017/05/23

サツキ 横須賀市・くりはま花の国 2017/05/23

ツツジ(躑躅)とサツキの花の見分けはつくものではないが、ツツジは5月上旬には散り、サツキは明らかに一息置いてから花開く。旧暦5月(皐月)に咲くからサツキという。サツキツツジ(皐月躑躅)といったら皐月に咲くツツジ、つまりこのサツキを指す。園芸品種多く、中にはツツジなのかサツキなのか区別難しいものも。

サツキの葉 横須賀市・くりはま花の国 2017/05/23

サツキの葉 横須賀市・くりはま花の国 2017/05/23

サツキとツツジの明らかな違いは、一つは花期。もう一つは葉の大きさ。サツキは葉が小粒である。緑色も濃いめ。

一般的なサツキ(向かって左の小さい方)とツツジ(右)の葉の違い 2017/05/23

一般的なサツキ(向かって左の小さい方)とツツジ(右)の葉の違い 2017/05/23

サツキの花

出回っている園芸品種の花色はふつう明るいピンク。

サツキ 横須賀市・くりはま花の国 2017/05/23

サツキ 横須賀市・くりはま花の国 2017/05/23

サツキ 横須賀市・くりはま花の国 2017/05/23

サツキ 横須賀市・くりはま花の国 2017/05/23

自生種(原種)のサツキは、渓流沿いの岩場に細々と分布する。ヤマツツジ(山躑躅)がそうだったように、サツキも本来の花色は朱色っぽい感じのもの。神奈川県ではダム建設により自生地が多数水没、現在は道志川などの人が容易に近づけない渓流に少数が残るのみ。神奈川県はサツキ分布の東限なのだとか。湘南・鎌倉・三浦半島で見るのはいずれも生垣に用いられる園芸種。海老名市と厚木市の”市の花”に制定されている。

サツキの紅葉

サツキの紅葉 鎌倉小坂郵便局 2017/02/03

サツキの紅葉 鎌倉小坂郵便局 2017/02/03

サツキの紅葉 二宮町・吾妻山公園 2017/02/02

サツキの紅葉 二宮町・吾妻山公園 2017/02/02

サツキの紅葉 二宮町・吾妻山公園 2017/02/02

サツキの紅葉 二宮町・吾妻山公園 2017/02/02

サツキの紅葉 二宮町・吾妻山公園 2017/02/02

サツキの紅葉 二宮町・吾妻山公園 2017/02/02

サツキの紅葉 平塚市・花菜ガーデン 2017/02/27

サツキの紅葉 平塚市・花菜ガーデン 2017/02/27


横浜市中区・三渓園(5月下旬~6月上旬 さつき盆栽展、横浜三渓園皐月会)、横浜市泉区役所(5月下旬 花季展、横浜さつき会)

光触寺(早咲き、山門入って左側は特に早く5月中旬=左右同時に満開にならない)、浄妙寺(6月1日頃)、光明寺(三尊五祖の石庭)、段葛、明月院(枯山水庭園)、海蔵寺、大磯町・旧安田善次郎別邸(5月下旬に一般公開)

横須賀市・総合福祉会館(6月第1日曜日 「やさしさ広がれ」ふれあいフェスティバルで「さつき盆栽・花季展」、横須賀中央さつき会)、鎌倉宮(5月下旬 さつき盆栽展)、鎌倉小坂郵便局、フラワーセンター大船植物園(5月下旬 さつき盆栽展)、長久保公園(5月下旬 さつき花季展)、松林公民館(5月下旬 茅ヶ崎さつき会花季展)、氷室椿庭園、平塚市・総合公園(日本庭園)、ひらつか市民プラザ(5月下旬 さつき花季展)

愛川町・郷土資料館(中津渓谷に自生していたサツキの展示はレプリカ(造花) ※撮影不可)、厚木市さつきまつり(5月下旬)、海老名市役所(5月下旬 海老名市さつき展)、湯河原町・星ヶ山公園さつきの郷(6月初旬)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする