サルビア

シソ目/シソ科/アキギリ属 花期/6月~11月

外来種改良種

サルビア・スプレンデンス('ビスタ レッド') フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

サルビア・スプレンデンス(’ビスタ レッド’) フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

ブラジル原産の一年草。和名はヒゴロモソウ(緋衣草)だが、ふつうアキギリ属を意味するサルビア(Salvia)で呼ばれる。厳密にはサルビア・スプレンデンス(Salvia splendens)という品種(とその園芸種)。花は真っ赤で、色鮮やかなため公園や街角の花壇に大量に植えられる。

サルビア・スプレンデンス('ビスタ レッド') フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

サルビア・スプレンデンス(’ビスタ レッド’) フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

赤い花が長く咲き続けているようにしか見えないが、じつはよく見ると花弁はとっくに落ちてしまって萼(がく)が残っているだけだったりすることも多い。萼も花弁と同色なので遠目には散った後とはわからない。

サルビア・スプレンデンス('ビスタ レッド')の萼と花弁 フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

サルビア・スプレンデンス(’ビスタ レッド’)の萼と花弁 フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

サルビア・スプレンデンス('ビスタ レッド')の花弁 フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

サルビア・スプレンデンス(’ビスタ レッド’)の花弁 フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

サルビア・スプレンデンス('トーチライト') フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

サルビア・スプレンデンス(’トーチライト’) フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

サルビア・スプレンデンス('トーチライト') フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

サルビア・スプレンデンス(’トーチライト’) フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

日本在来のサルビアはアキギリ(秋桐)。近似種のアキノタムラソウ(秋の田村草)なら湘南・鎌倉地方でも多く見かける。

ブルーサルビア

シソ目/シソ科/アキギリ属 花期/6月~11月

外来種改良種

ブルーサルビア 藤沢市・長久保公園 2017/06/19

ブルーサルビア 藤沢市・長久保公園 2017/06/19

北米原産の外来種およびその園芸種。厳密にはサルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)という品種だが、見た目からブルーサルビアという名で流通している。花色はふつう紫。公園ではサルビアに添えるように植えられることが多い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする