プリムラ・ジュリアン

Primula Juliana サクラソウ目/サクラソウ科/サクラソウ属 花期/12月~3月

外来種改良種

プリムラ(Primula)はサクラソウ属を表す学名で、サクラソウ属に分類される植物の総称。ふつう、サクラソウ(桜草)の外国産およびその園芸種をいう。葉は確かにサクラソウのそれだが、花が日本のものに比べて明らかに大きかったり色とりどりであったりする。中国原産のプリムラ・マラコイデスは日本のサクラソウにそっくり。冬の公園の花壇やコンテナには「サカタのタネ」が販売を手掛けるプリムラ・ジュリアンが大量に植えられているはず。こちらはうっかりするとパンジーと見間違えるような姿。公園のように植えっぱなしであとは何も手入れをしないとなると見栄えはどんどん悪くなるが、こまめに花がらを摘んでやればきれいな花を咲かせ続けるのが魅力。夏の暑さに弱いため、一般的には一年草として扱われる。毎冬、ホームセンターの園芸コーナーでは多種多様なプリムラが大量に販売されている。

プリムラ・ジュリアン 藤沢市・長久保公園 2016/12/09

プリムラ・ジュリアン 藤沢市・長久保公園 2016/12/09

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする