オオオナモミ

大葈耳 キク目/キク科/オナモミ属 花期/9月中旬~下旬 結実期/10月~11月

外来種駆除

外来生物法「要注意外来生物」(廃止)
生態系被害防止外来種リスト「総合対策外来種」
日本生態学会「日本の侵略的外来種ワースト100」

オオオナモミの実 鎌倉中央公園 2017/09/29

オオオナモミの実 鎌倉中央公園 2017/09/29

北米原産の一年草。神奈川県内では、昭和時代(-1989)にそこいらの荒地や道路沿いで見られたいわゆるオナモミはじつはすべて本種であった。一般にオナモミといったら本種のことを指していると言い切っても過言でない。実は子供が衣服に向けて投げ合うひっつき虫の代表格。

オオオナモミ 鎌倉中央公園 2017/09/29

オオオナモミ 鎌倉中央公園 2017/09/29

現在、侵略的外来種として目の敵にされるべきこのオオオナモミが減少傾向にある。かつては通学路を歩けばふつうに雑草としてたくさん生えており、ひっつき虫になる実が子供たちのおもちゃになっていたのだが、近年はどうも住宅地域では見かけなくなっている。夏場にどこもかしこも徹底して丸禿げにする刈払い作業の成果なのかもしれない。田舎や里山地域の手入れされない放置気味の道路端などでは相変わらず威勢がよいようであるが。

葉はサメ肌でざらざら。形状はオナモミに、大きさはイガオナモミ(毬葈耳)にそっくり。巨大で、基部は心形(しんけい)のように反って広がるものはオオオナモミの葉だ。

オオオナモミの葉 鎌倉中央公園 2016/10/10

オオオナモミの葉 鎌倉中央公園 2016/10/10

オオオナモミの花

他のオナモミ類と同様に、花は茎の頂上および葉腋(ようえき)に付く。丸っこいほんぼん状のものが雄花で、とげとげした実の小さいやつが雌花。

オオオナモミ 鎌倉中央公園 2017/09/19

オオオナモミ 鎌倉中央公園 2017/09/19

オオオナモミ 鎌倉中央公園 2017/09/19

オオオナモミ 鎌倉中央公園 2017/09/19

オオオナモミの雄花と雌花 鎌倉中央公園 2017/09/19

オオオナモミの雄花と雌花 鎌倉中央公園 2017/09/19

オオオナモミの雄花と雌花 鎌倉中央公園 2017/09/19

オオオナモミの雄花と雌花 鎌倉中央公園 2017/09/19

オオオナモミの実

アリジゴク(蟻地獄)に形状が似ている実はやや細長くて少しスリムな印象。実の地肌に産毛は生えない。実の先端にある二本の角(つの)は開き気味。

オオオナモミの実 鎌倉中央公園 2016/10/10

オオオナモミの実 鎌倉中央公園 2016/10/10

棘(とげ)の先端だけくるっとカールしているのが”ひっつき虫”になるポイント。(クラレの登録商標「マジックテープ」の名でお馴染みの)面ファスナーのフック側と同じ構造である。

オオオナモミの実 鎌倉中央公園 2016/10/10

オオオナモミの実 鎌倉中央公園 2016/10/10


鎌倉中央公園

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする