オニシバリ

鬼縛り アオイ目/ジンチョウゲ科/ジンチョウゲ属 花期/2月下旬~3月 結実期/5月下旬~7月中旬 落葉/7月上旬~中旬

有毒自生種

オニシバリの雄花 平塚市・高麗山公園 2017/02/11

オニシバリの雄花 平塚市・高麗山公園 2017/02/11

林縁部や明るい草地に生える落葉低木で、雌雄異株(しゆういしゅ)。背丈は人の膝(ひざ)から腰程度。名は、樹皮に含まれる繊維が鬼を縛っても千切れないほど頑丈だ、という意味。

オニシバリ 平塚市・高麗山公園 2017/02/11

オニシバリ 平塚市・高麗山公園 2017/02/11

オニシバリの花

初春に咲くジンチョウゲ(沈丁花)の仲間なので、花は同時期で同形。ジンチョウゲのようにきれいな球形には集合せず、香りも周囲に広がるほど強いものではない。

オニシバリの雄花 鎌倉市植木・龍宝寺 2013/02/16

オニシバリの雄花 鎌倉市植木・龍宝寺 2013/02/16

花は雌雄異株(しゆういしゅ)とされる。雄花とされているものは雄蕊と雌蕊の両方を有している(ということは雄花ではなく両性花)。ただし結実しないものあるとか(となるとやはり雄花なのか)。雌花とされているものも雄蕊と雌蕊を有しているが、雄蕊は花粉を作らないという。確かに葯(やく)が黄色い花粉に覆われていない花を見るが、古い雄花らしき花も花粉が売り切れており雌花との見分けがなかなか付かない。よくわからない。花の大きさや長さに差異あるとの話もあるが、個体差ではないか。

オニシバリの雄花 平塚市・高麗山公園 ヤブラン平 2017/02/19

オニシバリの雄花 平塚市・高麗山公園 ヤブラン平 2017/02/19

半分に割ってみたオニシバリの雄花、雄蕊の葯が二段構えでその下に雌蕊が確認できる

半分に割ってみたオニシバリの雄花、雄蕊の葯が二段構えでその下に雌蕊が確認できる

オニシバリの雌花 平塚市・高麗山公園 ヤブラン平 2017/02/19

オニシバリの雌花 平塚市・高麗山公園 ヤブラン平 2017/02/19

花が黄色かったら同属のナニワズ(難波津)。東北地方や北海道などの寒冷地に分布。神奈川県に自生しない。栽培ものを見る機会もまずないのではないか。

オニシバリの実

初夏、鮮やかな赤い実を付ける。

オニシバリの落葉

熟した赤い実と葉を夏にぜんぶ落として枝だけになるので、異名ナツボウズ(夏坊主)。


鎌倉市植木・龍宝寺、鎌倉広町緑地、平塚市・高麗山公園(中央広場の作業倉庫周辺、ヤブラン平の西側、など)

藤沢市・川名清水谷戸(新林公園への登り口に少々)、藤沢市・新林公園、大磯町・鷹取山

ナニワズ

難波津 アオイ目/ジンチョウゲ科/ジンチョウゲ属 花期/3月

有毒稀少

黄色花のオニシバリ(鬼縛り)。雌雄異株。難波津(古代の大阪港)原産というわけではないようだ。北海道などに分布し、神奈川県内に自生しない。栽培ものもまず見ない。

なおオニシバリの花も終わりかけの時期には黄色に変色することがある。


東京都八王子市・東京薬科大学薬用植物園(自然観察路、3月)

箱根湿性花園(3月 ※例年3月20日開園・平成29年(2017)3月10日開園)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする