オモト

万年青 キジカクシ目/キジカクシ科/オモト属 花期/5月 結実期/12月~1月

有毒改良種

オモト 茅ヶ崎市浜之郷 2017/05/25

オモト 茅ヶ崎市浜之郷 2017/05/25

西国の山地などには自生するという常緑の多年草。葉が肉厚なので観葉植物に好まれ、永久の繁栄を願う縁起物として昭和時代(-1989)はよく庭に植えられていた。湘南・鎌倉・三浦半島で目にするのは栽培ものないしその逸出。

オモト 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/05/15

オモト 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/05/15

浜辺で見る巨大肉厚葉はハマユウ(浜木綿)

オモトの花

オモト 茅ヶ崎市浜之郷 2017/05/25

オモト 茅ヶ崎市浜之郷 2017/05/25

花が終わると濃い黄色に変色していく。

オモト 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/05/15

オモト 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/05/15

オモト 茅ヶ崎市浜之郷 2017/06/02

オモト 茅ヶ崎市浜之郷 2017/06/02

オモトの枯れ残った花 横須賀市・馬堀自然教育園 2017/06/24

オモトの枯れ残った花 横須賀市・馬堀自然教育園 2017/06/24

オモトの実

冬を彩る赤い実の一つ。小花がたくさんあった割には実は少なめ。

オモトの実 鎌倉市・大巧寺 2016/12/23

オモトの実 鎌倉市・大巧寺 2016/12/23

オモトの実 鎌倉市・大巧寺 2016/12/23

オモトの実 鎌倉市・大巧寺 2016/12/23

オモトの実 鎌倉市・大巧寺 2016/12/23

オモトの実 鎌倉市・大巧寺 2016/12/23


馬堀自然教育園(自生種のような様子であるも栽培逸出とみられる)

大巧寺、東慶寺(ミツマタ(三椏)周辺、日陰なので遅く6月)、長谷寺、氷室椿庭園

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする