ヌスビトハギ

盗人萩 マメ目/マメ科/ヌスビトハギ属 花期/8月下旬~9月上旬 結実期/9月~10月

危険自生種保護

ヌスビトハギ 茅ヶ崎市・清水谷 2016/08/26

ヌスビトハギ 茅ヶ崎市・清水谷 2016/08/26

林縁部やハイキングコース沿いなどに生える多年草。背丈はときに1mを超える大型の野草で葉も豊かだが、長く伸びた茎に付く花はかなり小さい。遠目にはミズヒキ(水引)か何かか、それにしては葉がもしゃもしゃと生えすぎているような気がする、近くに寄って花を見るならハギっぽい何かのように思えるが、それにしては枝垂れ感が特にないし花も小さすぎて見栄えがしない、といった印象を受ける。一本ぽつりと生えているのではなく、ふつうある程度の群落を形成するのも特徴。単発で生えていて小花がある程度の大きさあらば同属のフジカンゾウ(藤甘草)である可能性。

ヌスビトハギの葉は互生で、三出複葉(さんしゅつふくよう)(茎から分岐した柄の先に”小葉が先端に1枚+脇に1対=計3枚”の葉が付く)。

ヌスビトハギの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2016/08/26

ヌスビトハギの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2016/08/26

神奈川県内の広域に分布は多いらしいが、その割にはさほど見かけない。観賞価値が高くないため一般人には刈られやすく、大型で存在そのものはよく目立つものなので公園内では保護される傾向にある。晩夏を代表する野草の一つだ。

ヌスビトハギの花

花はたいへん小さく、薄紫色。ハギに引けを取らない、女性好みのかわいらしさが感じられる。

ヌスビトハギ 茅ヶ崎市・清水谷 2016/08/26

ヌスビトハギ 茅ヶ崎市・清水谷 2016/08/26

ヌスビトハギ 鎌倉市・広町緑地 2017/08/24

ヌスビトハギ 鎌倉市・広町緑地 2017/08/24

花に模様はこれといってない。

ヌスビトハギ 茅ヶ崎市・清水谷 2016/08/26

ヌスビトハギ 茅ヶ崎市・清水谷 2016/08/26

ヌスビトハギの実

花が終わるとたちまち実ができる。果実はふつう二つ(ときに三つ)の小節果からなるため、妖怪目目連(もくもくれん)の目のような形状をしている。花の姿からはまったく想像できないおもしろい形だ。

ヌスビトハギの実 茅ヶ崎市・清水谷 2016/08/31

ヌスビトハギの実 茅ヶ崎市・清水谷 2016/08/31

ヌスビトハギは知らなくても、この実なら見たことあるという人も多いのでは。いわゆるひっつき虫の一種で、ふとズボンを見やるとこの実がびっしりくっついていて面倒なことに──。
実の表面がマジックテープ仕様になっており、衣服によく張り付いてしまう。

ヌスビトハギの実 茅ヶ崎市・清水谷 2016/08/31

ヌスビトハギの若い実 茅ヶ崎市・清水谷 2016/08/31

ヌスビトハギの若い実 鎌倉中央公園 2017/09/19

ヌスビトハギの若い実 鎌倉中央公園 2017/09/19

ヌスビトハギという何やら誤解を受けそうな妙な名前は、実の形状が泥棒の”足跡”に似るからだとされる。はてさてこの実のどこをどう見れば足跡となるか、よくわからない。
本種の名前の由来には様々な憶測が飛び交っているが、もしかしたら実がひっつき虫(地方により泥棒草と呼ばれる)だからなのかもしれない。

ヌスビトハギの若い実を盗人っぽくしてみた 鎌倉中央公園 2017/09/19

ヌスビトハギの若い実を盗人っぽくしてみた 鎌倉中央公園 2017/09/19


鎌倉中央公園、新林公園(川名大池手前、アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)と混生)、清水谷

ヤブハギ

藪萩 マメ目/マメ科/ヌスビトハギ属 花期/8月下旬~9月上旬 結実期/9月~10月

自生種稀少保護

ヌスビトハギ(盗人萩)の変種という。ヌスビトハギに比べて小型で、葉は地面に近い茎の下部にしか生えないのが特徴。葉は先端がヌスビトハギよりもちょっとだけ長く伸びる傾向。日当たりのよくない林床にひっそり単発で生えていることが多いか。滅多に見かけるものでなし。

ヤブハギ 横須賀市・衣笠山公園 2017/09/05

ヤブハギ 横須賀市・衣笠山公園 2017/09/05

同様に葉が地面近くの茎下部に集中して生え、小葉は幅広でボリューム感があり、全体的に細かい毛が多く生えていたらケヤブハギ(毛藪萩)である疑い。


衣笠山公園(若芽堰の南向かい園路沿い=刈払い被害多い、平作二丁目側の竹林内=8月末)、宅間ヶ谷

アレチヌスビトハギ

荒地盗人萩 マメ目/マメ科/ヌスビトハギ属 花期/8月末~9月上旬 結実期/9月~10月

危険外来種駆除

生態系被害防止外来種リスト「総合対策外来種」

アレチヌスビトハギ 藤沢市・新林公園 2017/09/05

アレチヌスビトハギ 藤沢市・新林公園 2017/09/05

北米原産のヌスビトハギの仲間。やや大型で、一年草という(多年草とする資料もある)。

葉は大きくやや細め。

アレチヌスビトハギの葉 藤沢市・新林公園 2017/09/05

アレチヌスビトハギの葉 藤沢市・新林公園 2017/09/05

アレチヌスビトハギの花

あまりきれいには咲き揃わない印象。花色は濃いめのピンク(明るい紫)。

アレチヌスビトハギ 藤沢市・新林公園 2017/09/05

アレチヌスビトハギ 藤沢市・新林公園 2017/09/05

アレチヌスビトハギ 藤沢市・新林公園 2017/09/05

アレチヌスビトハギ 藤沢市・新林公園 2017/09/05

ヌスビトハギの仲間の花にはこれといった模様が入らないが、アレチヌスビトハギの花には中心部に濃い紫色で縁取られた黄色い(やや緑がかった黄色の)斑紋がくっきり目立つのが特徴。咲き終わった花は青ざめてうなだれる。

アレチヌスビトハギ 藤沢市・新林公園 2017/09/05

アレチヌスビトハギ 藤沢市・新林公園 2017/09/05

アレチヌスビトハギの実

実の小節果は四つ以上で、ひっつき虫の一種。表面には衣服などに超強力に付着できる超高性能マジックテープ機能を搭載。あらゆる衣服にべったり引っ付いたらもう離れない。素肌にも貼り付いて剥がれない。すごく厄介。

アレチヌスビトハギの実 藤沢市・新林公園 2016/10/08

アレチヌスビトハギの実 藤沢市・新林公園 2016/10/08

アレチヌスビトハギの実は自分たちでくっ付き合って絡まっちゃっていることも。四連五連の実の連結部は壊れやすく、一つ一つに分かれてズボン裾(すそ)などに密かに付着する。

アレチヌスビトハギとヌスビトハギの実の混生 藤沢市・新林公園 2016/10/08

アレチヌスビトハギとヌスビトハギ(黒斑の入る二連のもの)の実の混生 藤沢市・新林公園 2016/10/08


広町緑地(御所川沿い)、新林公園(川名大池手前、ヌスビトハギ(盗人萩)と混生、受注している造園業者が見分けられていないのか草刈りされずに毎年残る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする