ノカンゾウ

野萱草 キジカクシ目/ススキノキ科/ワスレグサ属 花期/7月中旬~9月

食用薬用自生種保護

草地などに生える多年草。野山に生えるユリ(百合)に似たオレンジ色の花が、八重咲きであればヤブカンゾウ(藪萱草)、一重咲きであればノカンゾウである。花期はヤブカンゾウの方が早く、ノカンゾウは明らかに遅れる。鎌倉の社寺ではノカンゾウはあまり栽培されず、自然豊かな公園などで見かけることが多い。湘南・三浦半島などにも、多くはないがまんべんなく分布する。


十二所神社、浄光明寺(不動堂前)、引地川親水公園湿性植物園(多い)、広町緑地(御所谷入口広場周辺)、高麗山公園(多い)

茶房雲母(西側)、北条氏常盤亭跡

ハマカンゾウ

浜萓草 ユリ目/ユリ科/ワスレグサ属 花期/7月~10月

食用薬用自生種保護

ハマカンゾウ 三浦市・毘沙門海岸 2016/09/17

ハマカンゾウ 三浦市・毘沙門海岸 2016/09/17

ノカンゾウ(野萱草)の海岸型。沿岸の崖っぷちに多いが砂地にも生える。常緑で冬にも葉が残ることでのみノカンゾウと明確に区別できるが、花が咲いている時期に見分けがつくものではない。ハマカンゾウの方がやや葉が細め、花茎に葉が付くことあり、とされる。※本項では潮風が届く場所に生えているものはハマカンゾウ、そうでないものはノカンゾウとだけ推定しておく。

ハマカンゾウ 三浦市・黒崎の鼻 2017/08/29

ハマカンゾウ 三浦市・黒崎の鼻 2017/08/29

神奈川県内では三浦半島の岩場ある海辺に多く点在。群生もしやすい。花色や濃淡には若干の個体差あり。花見は花数が減ってしまう真夏を避けて、咲き始めの時期、あるいは秋の気配を少し感じ始めた頃に。

ハマカンゾウ 三浦市・黒崎の鼻 2017/08/29

ハマカンゾウ 三浦市・黒崎の鼻 2017/08/29

ハマカンゾウ 三浦市・黒崎の鼻 2017/08/29

ハマカンゾウ 三浦市・黒崎の鼻 2017/08/29

ハマカンゾウ 三浦市・黒崎の鼻 2017/08/29

ハマカンゾウ 三浦市・黒崎の鼻 2017/08/29

ハマカンゾウ 三浦市・黒崎の鼻 2017/08/29

ハマカンゾウ 三浦市・黒崎の鼻 2017/08/29

ハマカンゾウ 三浦市・黒崎の鼻 2017/08/29

ハマカンゾウ(足元の白はボタンボウフウ、黄色はハチジョウナ、右奥の岬は荒崎) 黒崎の鼻 2017/08/29

ヤブカンゾウなどと同様、ゴンズイノフクレアブラムシとみられる大きな白色のアブラムシ(油虫)が大量に付着していることがある。

ハマカンゾウにゴンズイノフクレアブラムシ 藤沢市・江の島・西浦 2017/08/24

ハマカンゾウにゴンズイノフクレアブラムシ 藤沢市・江の島・西浦 2017/08/24

ハマカンゾウの未熟な実 横須賀市・荒崎 2017/10/05

ハマカンゾウの未熟な実 横須賀市・荒崎 2017/10/05


観音崎公園(観音崎園地、やや早い)、毘沙門海岸、黒崎の鼻、天神島臨海自然教育園、立石公園、葉山公園はまなす花園、坂ノ下海岸、稲村ガ崎(平成25年(2013)滅失か)

小網代の森(保護育成のためロープ等の囲いあり)、鎌倉市稲村ガ崎・国道134号線馬頭観世音碑周辺

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする