ノイバラ

野茨 バラ目/バラ科/バラ属 花期/5月上旬~中旬 結実期/10月中旬~11月

危険薬用自生種

ノイバラ 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/30

ノイバラ 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/30

日当たりのよい草地や荒地で雑草にまみれて生える落葉藤本(とうほん)。というかノイバラが生えてくると荒れ地化する。ノバラ(野薔薇)とも。日本自生のバラの一種である。鋭い棘(とげ)があるのでノイバラ地帯にうっかり足を踏み入れてしまうと悲惨。手足は引っ掻かれて痛いわ、ズボンや靴下は傷めるわシャツにも絡まるわでもう最悪。だが白花は美しく甘い香りもじつに良い。湘南・鎌倉・三浦半島で普通種。丘陵地のハイキングコース沿いや河川周辺に多い。

ノイバラ 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/30

ノイバラ 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/30

ノイバラ 茅ヶ崎市萩園・相模川河原 2018/04/30

ノイバラ 茅ヶ崎市萩園・相模川河原 2018/04/30

湘南・鎌倉・三浦半島に自生するバラ


神奈川県内に自生するバラは、ノイバラテリハノイバラアズマイバラサンショウバラ、モリイバラ、フジイバラの六種。そのうち湘南・鎌倉・三浦半島には、ノイバラ、テリハノイバラ、アズマイバラの三種が自生する。

全体的にアズマイバラにそっくりなので混同しないよう注意したい。参照)アズマイバラの特徴

ノイバラの葉 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/30

ノイバラの葉 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/30

ノイバラの葉 横須賀市・湘南国際村めぐりの森 2017/11/12

ノイバラの(頂小葉が妙に長い)葉 横須賀市・湘南国際村めぐりの森 2017/11/12

ノイバラの托葉 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/30

ノイバラの托葉 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/30

ノイバラの托葉 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/30

ノイバラの托葉 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/30

ノイバラの托葉 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2018/05/20

ノイバラの托葉 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2018/05/20

ノイバラの花

花見は必ず葯が黄色い花期のはじめに。時間がたつと雄蕊が茶色く変色してしまってそれがいつまでも残るため、見栄えが悪い。

ノイバラ 茅ヶ崎市萩園・相模川河原 2018/04/30

ノイバラ 茅ヶ崎市萩園・相模川河原 2018/04/30

ノイバラ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

ノイバラ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

ノイバラ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

ノイバラ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

ノイバラ 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/30

ノイバラ 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/30

ノイバラの(雄蕊の花糸は白く葯は黒く変色した)雌性期 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/28

ノイバラの(雄蕊の花糸は白く葯は黒く変色した)雌性期 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/28

ノイバラの実

ノイバラの実 横須賀市・湘南国際村めぐりの森 2017/11/12

ノイバラの実 横須賀市・湘南国際村めぐりの森 2017/11/12


鎌倉市・霊鷲山

湘南国際村めぐりの森、寒川町・相模川(神川橋南側東岸)、茅ヶ崎市・相模川(土手内側林縁部、河原)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする