ネコノチチ

猫の乳 バラ目/クロウメモドキ科/ネコノチチ属 花期/6月 結実期/9月~10月

稀少

神奈川県レッドリスト2006「絶滅危惧IA類」

ネコノチチの実 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの実 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

紀伊半島以西に分布する落葉小高木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。けったいな名前は、実の姿がネコ(猫)の乳に似ているとされるため。ナツメ(棗)の近縁種である。西国に自生する木なのだが、なぜか神奈川県横浜市戸塚区のごく一部の地区で見ることができる。西国から移り住んだ人が望郷の思いで植えたものの名残りとかお伊勢参りの土産に珍木を持ち帰ったとかそういう類ではないかと私は思うが、自生であると見做(みな)されている。

幹は、戸塚区のものは太いもので人の手首くらい。樹皮には縦縞模様が入る。ちょっとゴンズイ(権萃)っぽい感じがする。

ネコノチチの幹 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの幹 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

葉はコクサギ(小臭木)型葉序で、単純な左右交互ではなく左左右右左左と二枚ずつ互生する。葉の縁(ふち)には細かい鋸歯あり、先端は先細りしやや長い。葉裏から見ると葉脈が赤みを帯びているのも大きな特徴。これだけ押さえておけば、全体的な姿がなんとなく似るムラサキシキブ(紫式部)と見分けがつくのではないか。

ネコノチチの葉 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの葉 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの葉裏 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの葉裏 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの葉 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの葉 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの葉裏 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの葉裏 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの花

ネコノチチの実

はじめ緑色で9月頃に黄色く変色、のち9月下旬から10月にかけて赤色から黒に熟す。見頃は各色楽しめる9月末あたりか。

ネコノチチの実 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの実 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの実 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの実 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの実 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの実 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの実 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチの実 横浜市戸塚区平戸町 2017/10/18

ネコノチチ 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

ネコノチチ 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする