ナンバンギセル

南蛮煙管 ゴマノハグサ目/ハマウツボ科/ナンバンギセル属 花期/8月中旬~9月上旬 結実期/10月~11月

自生種

ミョウガの根元に生えるナンバンギセル 鎌倉市西御門・来迎寺 2017/08/27

ミョウガの根元に生えるナンバンギセル 鎌倉市西御門・来迎寺 2017/08/27

ミョウガ(茗荷)ススキ(芒)の根元にひょっこり生えてくる寄生植物。名は南蛮(ポルトガルなどのヨーロッパを指す)の喫煙具であるキセル(パイプ)に姿が似ることに因む。花は10月中旬あたりまで咲き始めるものあるも周辺に花殻(はながら)目立って見栄えを欠くため、花見は花期の頭がよい。

ナンバンギセルの花

ミョウガの根元に生えるナンバンギセル 鎌倉市西御門・来迎寺 2017/08/27

ミョウガの根元に生えるナンバンギセル 鎌倉市西御門・来迎寺 2017/08/27

ナンバンギセルの実

ナンバンギセルの実 鎌倉市西御門・来迎寺 2017/11/21

ナンバンギセルの実 鎌倉市西御門・来迎寺 2017/11/21

頭の部分に極小の種子が無数に収納されている。

ナンバンギセルの実 鎌倉市西御門・来迎寺 2017/11/21

ナンバンギセルの実 鎌倉市西御門・来迎寺 2017/11/21

実が完熟すれば種子は少しずつぼろぼろこぼれ、外観からもわかるようになる。虫の糞か食いかすかと思しき小さな点々がナンバンギセルの種子。

ナンバンギセルの実 鎌倉市西御門・来迎寺 2017/11/21

ナンバンギセルの実 鎌倉市西御門・来迎寺 2017/11/21


横浜市栄区・横浜自然観察の森(ヘイケボタルの湿地のススキ足元に、間近で観察できない)、横浜市戸塚区・舞岡公園(小谷戸の里)、横浜市戸塚区・俣野園

鎌倉市西御門・来迎寺(本堂庫裏渡り廊下の下、8月中旬~9月上旬、平成27年(2015、晩夏低温)9月5日頃、平成29年(2017、真夏日照不足)9月1日頃)

覚園寺(山門入ってハス鉢右手のススキを掻き分けて)、大巧寺(本堂前・ススキを刈ってから)、海蔵寺、鎌倉広町緑地(9月初旬)

座間谷戸山公園(田んぼ周辺のススキに多数)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする