ミヤコグサ

都草 マメ目/マメ科/ミヤコグサ属 花期/5月~11月

自生種

ミヤコグサ 葉山公園 2017/05/17

ミヤコグサ 葉山公園 2017/05/17

芝生が生えるような開けた平地に這う多年草で、外来種セイヨウミヤコグサ(西洋都草)の変種。神奈川県内では全域に分布するようだが、三浦半島の海辺で多く見かける。かわいらしい黄色花が目印。

ミヤコグサ 三浦市・毘沙門海岸 2016/09/17

ミヤコグサ 三浦市・毘沙門海岸 2016/09/17

ミヤコグサ 三浦市・毘沙門海岸 2016/09/17

ミヤコグサ 三浦市・毘沙門海岸 2016/09/17

ミヤコグサ 葉山公園 2017/05/17

ミヤコグサ 葉山公園 2017/05/17

ミヤコグサ 葉山公園 2017/05/17

ミヤコグサ 葉山公園 2017/05/17

ミヤコグサの葉 葉山公園 2017/05/17

ミヤコグサの葉 葉山公園 2017/05/17

ミヤコグサは、花序一つに小花が一個から三個付き、萼歯が萼筒よりも長い(か同程度の長さ)。セイヨウミヤコグサは、花序一つに小花が二個から七個付き、萼歯が萼筒よりも短い(か同程度の長さ)。

ミヤコグサとセイヨウミヤコグサの見分け方

ミヤコグサとセイヨウミヤコグサの見分け方

両者は見た目にはほとんど差がないというので、帰化植物のセイヨウミヤコグサが繁茂してきたらミヤコグサと呼べるものはたちまち失われてしまうだろう。


剱崎、天神島臨海自然教育園、葉山公園

毘沙門海岸

セイヨウミヤコグサ

西洋都草 マメ目/マメ科/ミヤコグサ属 花期/5月~11月

外来種駆除

ヨーロッパ原産で、ミヤコグサの母種。

参考資料

『神奈川県植物誌2001』 神奈川県植物誌調査会編集 神奈川県立生命の星・地球博物館発行(2001)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする