ミミガタテンナンショウ

耳形天南星 オモダカ目/サトイモ科/テンナンショウ属 花期/4月~5月 結実期/6月~11月

有毒

ミミガタテンナンショウ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

ミミガタテンナンショウ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

ぱっと見はマムシグサ(蝮草)。仏炎苞の口の周りが耳のように大きく出っ張りやや垂れ反り返る。葉は仏炎苞より遅れ気味に出るため、花の始めには葉が見られない。山地型のテンナンショウで、神奈川県内では丹沢や箱根に多い。湘南・鎌倉・三浦半島では見かけない。大磯丘陵にはあるとかないとか。

仏炎苞が先行して開いたミミガタテンナンショウ 相模原市緑区寸沢嵐・さがみ湖カタクリの郷 2016/03/26

仏炎苞が先行して開いたミミガタテンナンショウ 相模原市緑区寸沢嵐・さがみ湖カタクリの郷 2016/03/26

ミミガタテンナンショウ 山北町世附・丹沢湖 2017/04/04

ミミガタテンナンショウ 山北町世附・丹沢湖 2017/04/04

ミミガタテンナンショウ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

ミミガタテンナンショウ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

ミミガタテンナンショウ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

ミミガタテンナンショウ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

ミミガタテンナンショウ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

ミミガタテンナンショウ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

ミミガタテンナンショウ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08

ミミガタテンナンショウ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/04/08


東京都小平市・東京都薬用植物園、東京都八王子市・高尾山

厚木市・荻野運動公園野草園(ミミガタテンナンショウとして管理棟に写真掲載あるがマムシグサではないか)、小田原市・長興山紹太寺(稲葉一族の墓所への参道沿いに多く点在、シダレザクラ(枝垂桜)のついでに)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする