マルバグミ

丸葉茱萸 バラ目/グミ科/グミ属 花期/10月下旬~11月中旬 結実期/4月~5月

食用自生種

マルバグミ 鎌倉市腰越・小動神社 2017/11/05

マルバグミ 鎌倉市腰越・小動神社 2017/11/05

海近い地域に好んで生える常緑の低木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。秋咲き・春結実のグミの一つ。オオバグミ(大葉茱萸)とも。

葉は大きく、ときに子供の手のひらくらいの大きさにもなる。幅広でかなり丸っこい。光沢あり。葉裏は白っぽい。

マルバグミの葉 鎌倉市腰越・小動神社 2017/11/05

マルバグミの葉 鎌倉市腰越・小動神社 2017/11/05

マルバグミの白っぽい葉裏 三浦市・城ケ島 2017/11/02

マルバグミの白っぽい葉裏 三浦市・城ケ島 2017/11/02

秋咲きのグミとしては、他にツルグミ(蔓茱萸)、ナワシログミ(苗代茱萸)がある。秋咲きのグミは冬も落葉しない。春咲き・夏結実ならナツグミ(夏茱萸)トウグミ(唐茱萸)、春咲き・秋結実ならアキグミ(秋茱萸)マルバアキグミ(丸葉秋茱萸)はアキグミの海岸型変種。グミはいろいろあってややこしい。

マルバグミの花

萼筒(がくとう)は太くて短い。

マルバグミ 鎌倉市腰越・小動神社 2017/11/05

マルバグミ 鎌倉市腰越・小動神社 2017/11/05

マルバグミ 三浦市・城ケ島 2017/11/02

マルバグミ 三浦市・城ケ島 2017/11/02

マルバグミ 三浦市・城ケ島 2017/11/02

マルバグミ 三浦市・城ケ島 2017/11/02

マルバグミ 三浦市・城ケ島 2017/11/02

マルバグミ 三浦市・城ケ島 2017/11/02

マルバグミの実

マルバグミの若い実 真鶴半島・潮騒遊歩道 2017/02/21

マルバグミの若い実 真鶴半島・潮騒遊歩道 2017/02/21


猿島、天神島臨海自然教育園、城ケ島(崖上のハイキングコース沿い)、小動神社(展望台入口)

荒崎公園(夕日の丘)、江の島

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする