マリーゴールド

Marigold キク目/キク科/コウオウソウ属 花期/3月~10月

外来種改良種

マリーゴールド 茅ヶ崎市今宿・宮の前第2公園 2018/04/12

マリーゴールド 茅ヶ崎市今宿・宮の前第2公園 2018/04/12

中米などを原産とする外来の、主に一年草。フレンチ・マリーゴールド(といっても原産地はフランスではなくメキシコとグアテマラ)を中心に数種、その園芸種も含めれば品種は限りなし。名は年に幾度もある聖母マリアの祝日にいつも咲いていることから”聖母マリアの黄金の花”の意。英語読みに従えばマリゴウルド(アクセントは頭のマ)。長い間絶えず花が咲き続けるため、公園の花壇に大量に植えられる。ホームセンターの園芸コーナーでも安価で販売されているので人目に触れる機会は多いだろう。ぽかぽか陽気になってきたところで冬の花であるパンジービオラはお役御免、マリーゴールドやペチュニアが花壇の主役に躍り出る。マリーゴールドの花はキンセンカ(金盞花、ポットマリーゴールド)に雰囲気が似るが、マリーゴールドの花は蕊部にも八重の花弁が侵略するものが多い。葉の形状も異なるので見分けはできるだろう。

マリーゴールドの葉は奇数羽状複葉(小葉の幅は品種による)で、奇妙な形状の鋸歯があるため小葉は子供が描いた下手くそな鬼の金棒みたいな姿になる。

マリーゴールドの(細めの)葉 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

マリーゴールドの(細めの)葉 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

マリーゴールドの花

黄色やオレンジといった暖色系。雨が降ると泥の撥ねっ返りで汚れてしまうので、土が露出しないよう隙間なく植えるとよい。

マリーゴールド フラワーセンター大船植物園 2016/10/16

マリーゴールド フラワーセンター大船植物園 2016/10/16

マリーゴールド フラワーセンター大船植物園 2016/10/16

マリーゴールド フラワーセンター大船植物園 2016/10/16

マリーゴールド フラワーセンター大船植物園 2016/10/16

マリーゴールド フラワーセンター大船植物園 2016/10/16

マリーゴールド(ディスコグラナダ) フラワーセンター大船植物園 2016/10/16

マリーゴールド(’ディスコグラナダ’) フラワーセンター大船植物園 2016/10/16

マリーゴールド 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

マリーゴールド 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2017/06/09

花弁が尖り気味だったらガザニアの可能性。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする