クチナシ

梔子 リンドウ目/アカネ科/クチナシ属 花期/6月~7月中旬 結実期/11月~1月

薬用改良種

クチナシ 小田原市・松永記念館 2018/05/26

クチナシ 小田原市・松永記念館 2018/05/26

西日本には自生するという常緑低木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。神奈川県内では栽培ものを見るのみ。

クチナシ 小田原市・松永記念館 2018/05/26

クチナシ 小田原市・松永記念館 2018/05/26

葉には一本角(つの)を生やした気色悪い巨大青虫、オオスカシバというガ(蛾)の幼虫が付いていることあるので要注意。

クチナシの花

花は純白、美しさが目を惹くだろう。すぐに傷んで茶色くなってしまうのが玉に瑕(きず)ながら、いつまでも甘い香りを放ち続けるのは大きな魅力。

クチナシ 小田原市・松永記念館 2018/05/26

クチナシ 小田原市・松永記念館 2018/05/26

クチナシ 小田原市・松永記念館 2018/05/26

クチナシ 小田原市・松永記念館 2018/05/26

クチナシ 小田原市・松永記念館 2018/05/26

クチナシ 小田原市・松永記念館 2018/05/26

クチナシ 鎌倉市山ノ内 2017/06/14

クチナシ 鎌倉市山ノ内 2017/06/14

クチナシ 鎌倉市・大巧寺 2017/06/14

クチナシ 鎌倉市・大巧寺 2017/06/14

クチナシ 鎌倉市・大巧寺 2017/06/14

クチナシ 鎌倉市・大巧寺 2017/06/14

クチナシ 鎌倉市・大巧寺 2017/06/14

クチナシ 鎌倉市・大巧寺 2017/06/14

本来は一重咲き。八重咲きのヤエクチナシは園芸種。

ヤエクチナシ 鎌倉市・補陀洛寺 2012/06/28

ヤエクチナシ 鎌倉市・補陀洛寺 2012/06/28

ヤエクチナシ 藤沢市・長久保公園 2017/07/11

ヤエクチナシ 藤沢市・長久保公園 2017/07/11

クチナシの実

クチナシの実は生薬の他、身近なところでは食品用の着色料の原料になる。クチナシ色素は主に黄色だが、製法により赤、または青色の色素も得られる。

クチナシの実 鎌倉市・大巧寺 2017/11/05

クチナシの実 鎌倉市・大巧寺 2017/11/05

クチナシの熟した実 逗子市・旧脇村邸 2018/01/10

クチナシの熟した実 逗子市・旧脇村邸 2018/01/10

実が熟すのをいくら待っても口が開かない、種子が放出されないので”口無し”という、のだとか。

クチナシの熟した実 逗子市・旧脇村邸 2018/01/10

クチナシの熟した実 逗子市・旧脇村邸 2018/01/10

クチナシの実の中身 2018/01/06

クチナシの実の中身 2018/01/06


くりはま花の国(ハーブ園)、補陀洛寺(八重)

旧脇村邸(実付き良好)、大巧寺、東慶寺向かい民家、光則寺(孔雀舎向かい)、長久保公園(八重)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする