コムラサキ

小紫 シソ目/シソ科/ムラサキシキブ属 花期/6月中旬~7月 結実期/9月中旬~11月

コムラサキの実 鎌倉中央公園 2017/09/29

コムラサキの実 鎌倉中央公園 2017/09/29

コシキブ(小式部)、俗にムラサキシキブ(紫式部)とも。本来のムラサキシキブとはまったく樹形が異なり、ヤナギ(柳)のような一本枝垂れが長く伸びる低木。ムラサキシブの仲間はいくつか種類があるが、鎌倉の寺境内で多く見かけるのはこれ。神奈川県内自生なし。

白花を咲かせるものはシロミノコムラサキ(白実の小紫)ないしシラタマコシキブ(白玉小式部)という。実も白い。

コムラサキの花

花序ごとに咲いては若い実になり、次の花序が咲いては実になりと、一斉には満開しない。

コムラサキ 鎌倉市・海蔵寺 2017/08/07

コムラサキ 鎌倉市・海蔵寺 2017/08/07

コムラサキ 鎌倉市・海蔵寺 2017/07/11

コムラサキ 鎌倉市・海蔵寺 2017/07/11

コムラサキ 鎌倉市・海蔵寺 2017/08/07

コムラサキ 鎌倉市・海蔵寺 2017/08/07

コムラサキの実

コムラサキの未熟な実 鎌倉市・大巧寺 2012/09/05

コムラサキの未熟な実 鎌倉市・大巧寺 2012/09/05

はじめ緑色、のち、ときに梅ガム色ともいわれる紫色に熟す。粒が小さいので硬い種子のように思えるが、意外にも液果。種子を瑞々(みずみず)しい果肉が覆っている。食用にはならない。

コムラサキの実 鎌倉市・大巧寺 2016/09/16

コムラサキの実 鎌倉市・大巧寺 2016/09/16

コムラサキの実 鎌倉市・大巧寺 2016/09/16

コムラサキの実 鎌倉市・大巧寺 2016/09/16

シロミノコムラサキ(シラタマコシキブ) 鎌倉市西御門・来迎寺 2017/09/05

シロミノコムラサキ(シラタマコシキブ) 鎌倉市西御門・来迎寺 2017/09/05

太平洋側から接近した台風が襲来すると、コムラサキの葉先は(塩害なのか)傷んで黒ずみやすい。コムラサキがきれいに思えるのはその実のみならず葉がきちんと良好な状態を保っていてこそ。観賞は台風前に。


鎌倉市西御門・来迎寺(参道石段両脇に白)、宝戒寺(白)、大巧寺、円覚寺黄梅院(白も)、海蔵寺

鎌倉市大町・八雲神社(台風塩害で荒れ平成25年(2013)頃下部剪定、のち滅失)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする