コバンソウ

小判草 イネ目/イネ科/コバンソウ属 花期/4月下旬~5月上旬 結実期/6月

外来種駆除

コバンソウ 茅ヶ崎市東海岸南・湘南海岸砂防林しおさいの森 2018/05/01

コバンソウ 茅ヶ崎市東海岸南・湘南海岸砂防林しおさいの森 2018/05/01

ヨーロッパ原産の、道端などに生える一年草。どこにでも生えている雑草で、群生する。名は、穂が小判のような形状だから。タワラムギ(俵麦)とも。近似種にヒメコバンソウ(姫小判草)がある。

コバンソウの群生 横浜市戸塚区平戸町 2017/05/16

コバンソウの群生 横浜市戸塚区平戸町 2017/05/16

コバンソウ 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/04/26

コバンソウ 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/04/26

コバンソウの花

イネ科の花なので蕊がちょろっとこぼれ出るのみ。

コバンソウ 茅ヶ崎市東海岸南・湘南海岸砂防林しおさいの森 2018/05/01

コバンソウ 茅ヶ崎市東海岸南・湘南海岸砂防林しおさいの森 2018/05/01

コバンソウの実

茶色く枯れてかっさかさになっても形状をとどめて風に揺れ続ける。こうした光景を”黄金色(こがねいろ)の小判が無数に溢れるようで縁起がよい”とでも触れ込んで園芸屋が売り出したかもしれない。

コバンソウの未熟な実 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/05/27

コバンソウの未熟な実 茅ヶ崎市柳島・柳島海岸 2017/05/27

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする